ハイゼット ローダウン 純正ショック車高調変換キット お手軽交換編!

昨日はリアのローダウンリーフの装着をご紹介しました。

↓↓↓↓↓↓↓

ハイゼット ローダウン リーフスプリング お手軽交換編!


今日は、フロントキット。

昨今、海外のお値段がお手ごろな車高調の流入で、全長調整車高調を5万円前後で入手できるようになりました。結果、この数年は空前の全長調整車高調ブームがおきていました、が…

ブームとはいえ、普段乗りの車に極端なローダウンを施すと通常利用の際の不便さに気付くことも多いもの。また、車高調は本来スポーツ走行をすることを想定しての商品であり、快適性は純正よりは確実に落ちます。この部分の誤解も多い。

純正メーカーが多額の予算を投じて開発しているのですから、乗り心地では勝てません。アフターの車高調は、調整機能、キャンバー、イベントやサーキットなどの用途に応じての特殊性で、優位に立つことが出来ます。

 

ということで、快適性を求めるユーザーに再度脚光を浴びているダウンサスですが、問題が無いわけではない。車高やスプリングの硬さは変更できず、積載量や使用用途の幅がユーザーによって違う軽トラックは、車高は多少弄りたい可能性が高いのです。

その要望に応じるべくして、今回は商品開発をしました。

純正ショックのまま、直巻スプリング装着の上、車高の微調整を可能に。

純正マウントもそのまま使うことで、ゴム部分がマウントが路面からの凹凸や音を極力吸収できるようになっています。。

 

 

ネジ式車高調、または全長固定式と呼ばれる、昔からよくある方法です。ただし本来は溶接や皿飛ばしといった面倒な加工が必要だった部分を、ユーザーフレンドリーに、ボルトオン方式にて開発しました。

それではご紹介~

動画③ フロント純正サスペンションの直巻化

ご覧いただくと分かりますが、ボルトオンです。普通の工具で車高調化が可能になっています。

 

 

 

ショップさんでも困られるのは、ダウンサスは車高調より工賃が安いだろう、という思い込み。アッセン交換の車高調より、純正をばらして組みなおすダウンサスは、工賃としては同じか高くなってもおかしくないのです。

このキットは、ダウンサスほどは手間がかかりません。

 

 

これにて前後装着完了!

フロントで約30mm程度、リアは20~25mmダウン程度です。

ノーマル車両をお持ちならわかりますが、雰囲気かなり変わります。ノーマルはやはりグーが余裕で入りますから。なおかつ、ダウンサス程度のダウン量が日常利用でも快適さも保持しています。

 

新旧ハイゼットは基本車高もダウン量もほぼ同じなので、比較してみました。

奥の旧ハイゼット(当社の運搬車両)はダウン済みで、手前の新型はノーマル状態。

 

 

 

たった20~30mm程度でもこの違い!

ヘッドライトの位置が変わります。

 

 

 

ミラー位置も変わります。

 

 

 

 

地面までの距離が変わることで、精悍な顔つきになります。

でも実用性も十分あり、合法な車高です。

リアリーフは、反対向きに組むと、10mm更にダウン出来ます。

 

 

これだけの部品点数。リーフ込みでの値段はなんと…

定価¥36,800-

定価比較なら、普通のバネのダウンサスと変わりません。

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/suspension/sus_lowd

 

 

さて、次回はいよいよ走行テスト編。

当社のスーパードライバー(元)に検証してもらいます。


続きのブログはコチラ

ハイゼット ローダウン リーフ&車高調装着テスト走行! その他開発商品