東京オートサロン 2018 開始! (TOKYO AUTO SALON 2018)

アフターパーツ業界の一番最初のイベント、オートサロンがいよいよ始まりました!

金曜日の午前は特別招待券を持つ業界プレス関係がメインとはいえ、すでに大行列。まだ開催中なので詳細は来週にご報告させていただきますので、軽くダイジェストのみ。

はい、いきなり反省ポーズをとっています、シュピーゲルのヘンミ部長。

そりゃそうです!

 

 

 

オートサロンで初お披露目の予定だった当社と一緒に開発した新型ウイング、出展車両を搬入時にとある事件をおこして破損してしまったのです!!!

その幻の商品サンプルはこちら

HA36 リアウイング 塗装、加工不要の被せタイプ + フェンダー新色

 

 

まあ、やっちまったことは仕方ありません。

とはいえ、事前に話には聞いていた「上げアルト」。コンセプトを聞いたときは、私は鼻で笑っていたのですが、実車を見て反省。すげえカッコイイ!

 

 

 

クルマが大きくみえ、ジムニーのような雰囲気を出しています。

この完成度の高いフロントのアンダーガードはなんと当社のハスラー用の流用!

スゴイ! シュピーゲルさんの専用アイテムとして計画中です。

 

 

 

そしてこのオーバーフェンダーはNAアルト専用品をシュピーゲルさんが新規開発。ターボ用は当社でも販売していますが、NAはフロントバンパーが違うので、これはNA用専用となります。

会場ではたくさんの人とたくさんのクルマに出会いましたので、来週にでもまとめて公開させていただきまーす。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です