スズキジムニー オンロード用新商品続々 (JB23 SUZUKI JIMNY)

驚きました! 以前も紹介させていただきましたが、JB23用ビッグローターキット、発売前に完売です!「今から注文、どうにかならないか」という嬉しいお話もいただいております。

ビッグローターキット スズキジムニー JB23用 お見せします! (JIMNY BIG ROTOR KIT)

4月に十分な量になるように急ピッチで工場にお願い中です。ブレーキパッドのみでは満足な制動力を得られなかった人に是非おススメ。定価¥39,800でお手軽価格にしてあります。純正キャリパーもそのまま使えるので安心。それにしても、ジムニーというクルマはやはり絶大な人気があることを再認識させられているところです。

さて、先日土曜日の開発会議では、新たなジムニー用新製品が3点、開発状況の説明がありました。

そもそも、当社のコンセプトはド定番である ’オフロード’ ジムニーではありません。’オンロード’ ’グラベル’ 仕様ジムニーです。当社のジムニーオタク、Mr. I氏の発案でした。

「山登りやストイックに競技や本気ジムニーをしている人は一握り。そのイメージにあこがれて同じようなジムニーを作っている人は多いけど、普段乗りは正直つらい。腰高で足廻りはコーナーでは踏ん張ってくれず、高速道路直進でも不安があるほど。まあ、いってみれば、本気のドリフト仕様のクルマで街のりするのと同じ」

なるほど、ある目的のために尖ったクルマはカッコイイけれど、それをそのままストリートでは乗れたもんじゃないということです。極端な話、F1マシンでコンビニなんかいけたモンじゃない(笑)。

まずは、ジムニー用アクスルリジッドカラー。この写真は当社が販売中のアルトワークス用、まだ開発中なので写真掲載はNGでしたが、ほぼ似たような形。

基本的な構造や取り付け部位は、以下と同じです。

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/ha36s/footwork_arc

ジムニーでは強化アクスルブッシュというものが各メーカーから出ており、トー角度の補正と乗り心地対策に人気です。ただし、これって、ブッシュをノーマルアームに打ち替え。自分で出来るなんてツワモノは一部で、大半はショップに持ち込むことになりますが、正直ショップサイドの気持ちになると、お断りすることも理解できるほど面倒な作業。かといって工賃も取りにくい。

純正ブッシュの弱点は高速直進安定性が悪く、ステアリングがぶるぶる震えること。それを解消すれば、快適なストリートライフをおくれるので、交換手間が簡単で狙った効果が出るもの、なおかつショップ様でもお手軽、もしかしたらユーザー自身でもDIY出来るものというコンセプトで作っております。

これを装着すると、足廻りの動きが変わるので、ハイリフトで競技をするときははずす必要がありますが、普段乗りで使うのがメインで、ノーマルジムニーでももう少しなんとかならないかな、というお客さまに超おすすめ。

おいおい、こりゃなんじゃ?AE86ってかいてあるじゃん。いやその通り、これはハチロク用。こちらもまだ商品はお見せできませんが、同等の形状のものと、以下のコイツを組みあせると…

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/footwork/foot_ae86rsp

なんと、ジムニー用直巻きスプリングキットが完成するのです。車高を上げるのでは無く、下げる、もしくは純正と同等の車高のまま、カッ飛び街乗りジムニーでサーキットやゆくゆくは3UPさんの協力のもと、ドリフトジムニーなども視野にいれた商品です。

ザンネンながらIDは70か75になる予定ですが、それでも直巻きでバネレートと車高が調整できるのは面白いです。問題はショックで、こちらは純正ではムリになるので、以下のAE86用としてベストセラー商品の全ネジショックも開発中。

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/ae86/sus_1ab-d02

また、リフトアップしない街乗りとはいえ、やはりアンダーガードは似合うよね、ということで、ショートバンパー用ではなく、ノーマルバンパー用アンダーガードも開発中。

そして、すでに発売中の商品はラテラルロッド! JAWS山本のウルトラハイパワーデモカーでもばっちり使ってもらっています。なお、ピロ仕様にもグレードアップ対応です!

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/footwork/footwork_lateral

ここまで紹介させていただきましたが、当社でも自社のカラーとは違う車だとは当初から感じています。もちろん40年前はダートトライアルで名を馳せた会社ですから、縁はありますが、どちらかといえばストリート、サーキットよりの商品が最近はメインでした。

理由は単純。遊べるベース車両が激減していることです。若者のカーライフ入門であったはずの、シルビア、スカイライン、チェイサーはもちろん、アルテッツア、RX-7、エボ、インプ、ロードスター、シビック、インテグラなどは、世界的な日本車ブームで大量に輸出されている現状です。また、燃費が悪かったり、純正部品が廃盤になったり高額になると、維持することも厳しい状態。

今や日本のドリフトが世界的なスポーツになったように、日本のクルマ文化の発信源は日本の若者が積み上げてきたカーライフです。アニメやゲームと同じです。

ところがその土壌が枯渇しつつある中、全国のショップ様の話などからひそかに注目度を集めていると気付いたのは軽自動車、そしてジムニー。

高額になりつつあるとはいえ、やはり維持費や部品代などの面ではまだまだ先のある車。

今日はこんな記事が朝から目に付きました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00010002-newswitch-ind

17年以上の長寿にも関わらず、先日の販売終了まで毎月3~5000台も売れていたそうです。しかも海外でも人気だとか。そして、スズキが国内販売を見据えて時期新規モデルの販売台数の製造量を上げるべく、その体制を整えているということでした。すでに、新型が売れるという事前情報がある程度確保されているのでしょう。

当社も、すでに京都の協力先から新型を納車直後から開発提供していただけるということになっており、今からエンジンを温めているところです。もちろん、JB23も新型がでてくれれば、さらに色んな需要が出てきますから、当社も独自の視点から新型もどちらも、力を入れていきます!

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント

  1. ジムニー 用ビックローターセットが欲しいです!
    購入方法を教えてください。
    宜しくお願いします。

    1. ご興味をもっていただきありがとうございます!また、当ブログを読んでいただき、ありがとうございます!
      まず、お詫び申し上げるのは、初回の4月入荷(予定)分は完売しております。手配中の次回分の納期と数量は確定しておりません。一部部材が手作業のため、非常に時間がかかっております。

      可能性があるのは、当社にすでに予約が入っている注文はネット通販会社様、各専門店様からなので、当社に在庫が無くても、ネットや専門店さまには在庫が入るので、そちらを購入いただけるのがベストかもしれません。

      直接販売、ネットはまだ開設しておりませんが(準備中)、ホームページのお問い合わせフォームからご希望を送っていただければ対応させていただきます。ただし、在庫ありませんので、現時点ではあまりおススメではありません。
      http://silkroad-jp.com/portfolio-2-2/contact

      なお、当社の取引先ショップ様の一覧もありますので、そちらからのご購入やお問い合わせは大歓迎です。以下のリストに無くても取引をさせていただいているショップ様は多数ございます。
      http://silkroad-jp.com/portfolio-2-2/salesagent

      お問い合わせ、ありがとうございましたm(_ _)m

コメントの受付は終了しました。