AE86だけじゃない、旧車パーツゾクゾク ファインオートサービス

和歌山のファインオートサービス、多くのショップ様が旧車やネオ旧車の修理やメンテの際に、知らぬ間にYAHOOオークションなどで「ポチ」してしまっている会社です。この会社のロゴが入った箱をショップさんでよく目撃します。看板娘を見てピンと来る人も多いでしょう。

http://www.fine-auto-service.com/

幅広い旧車、ネオ旧車のパーツ、特に純正廃盤になってしまたった部品の互換品を大量に揃えているファインさん。旧車、ネオ旧車にとっては、チューニングパーツよりも重要。AE86も廃盤で修理に困る部分が増えてきています。

これは当社を通じて、全国のショップ様に広く販売されているAE86マスターシリンダーASSY。写真を良くみればわかりますが、国産品。

続いて、AE86用ファンカップリング。これも純正は廃盤。

エンジン冷却に重要な部品です。どうやってこんな部品を入手しているんだろう、と思うものばかり。

かと思えば、こんなびっくり商品も今回案内がありました。

旧車乗りの間では超有名な流用キャリパー、MK63のレプリカ品(改)です。これはなんとDTM社製。詳細は明かせませんが、起業された方々が超有名ブレーキメーカーに居ただけでなく、製造する工場も超安心の日本製。

http://www.dtm.co.jp/index.html

ブレーキは、一番安全に関わる大切な部分の一つ。値段よりも安全性が重要。MK63自体、人気ですから、いろんなレプリカが安く出回っています。良いものもあるかもしれませんが、中には……… ってなものもあるという情報はあります。

このキャリパーはネット上の安価品と比較すれば高めに感じるでしょうけれど、国産品であり、その品質が折り紙つきであれば、私なら確実にコチラを購入します。

ファインさんの商品の魅力は、品質。

社長の松岡さん自身がクルマ好き、そして旧車好き。自分自身がAE86、S30、その他数多くの旧車、ネオ旧車に乗ってきており、当然、目利きが優れているのです。

近年は良くも悪くも流通がワールドワイド。例えば、素人がいきなり中国に行かずして、ネット上でクルマの部品を大量に仕入れ、日本国内で販売することも簡単です。けれど、外国製は日本人からすれば品質はピンきり。安直に購入すれば、痛い目にあうのは仕入元だけでなく、末端ユーザーさまにまで及びます。

当社も全国のショップ様に商品を40年以上卸してきました。信頼関係がお互いにあるので、安いからといって何でも売りつけるわけにはいきません。ファインさんとも、定期的に顔を突き合わせ、膝を交えて、互いの会社の販売方法、取り扱い商品の基準、各商品の品質、そして互いの人柄も含めてすべて情報共有が出来ています。「血の通った」商品の販売をお互いに心がけています。

ネット上では写真一枚と価格だけでしか判断材料がありません。すごく似ていても、購入してから「!?」となることもままあることです。当社やファインさんはそんな時代においても、短期ではなく長い期間商売をしたいと思っている会社同士ですから、他社の類似品が安くて、売れていても、お客様にご迷惑をかける品質になるようであれば、やはり値段よりも品質を優先するという部分で一致しています。

それにしても、新商品の増え方がトンでもないファインさん。負けてられないなあ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です