JB23 純正バンパー用アンダーガード(スキッドガード)

当社の業務さんは仕事が速い! ブログ担当(兼営業)の私より先に紹介された!JB23アンダーガード!

http://silkroad-jp.com/blog/60W-O40-NEWS

営業マンって種族は一番怠け者(苦笑) JAWS山本さんと3UP三上さんがニヤリと深く頷いている気配を感じます…

この商品の最大の目玉はなんといっても、「純正バンパー対応」であることです。ジムニーのアンダーガードやスキッドガードというのは、本格的にリフトアップし、ショートバンパーになっている車両前提のものが多く、純正バンパー用があまり無かったのです。

とはいえ、このシュピーゲルさんのジムニー、超カッコ良い!ショートバンパーが定番であることは確かに納得。山登りするという目的のために、車高があがり、タイヤがごつくなり、荒れた路面の凹凸にひっかからないように計算されているスタイルがカッコいいのは、機能美の塊のレースカーと同じ。

でも、こちらの純正オプションのアンダーガーニッシュ装着の純正バンパー、すげえカッコいい!個人的にはこれが一番好きです!欲しいなこのジムニー。

それにしても、シュピーゲルへんみ部長はセンスありますねえ。ずっと前から純正バンパーにも目を付けてたんですね。

当社では長年、旧車、ネオ旧車に携わってきた経験から、ある方程式にたどりつきました。それは、クルマは古くなるほど、ノーマル状態に近いものが好まれる、ということです。AE86はシートすら社外のレカロからわざわざ純正シートを探して装着するとか。

また、最近はシルビアやスカイラインはノーマルバンパーや純正オプションエアロが取り合いになっているとか。

それと、カッ飛び韋駄天ジムニーを作っているJAWS山本さんのジムニーにも影響を受けました。街乗り快速仕様なので、あえてノーマルバンパーにされているのですが、それが思いの他かっちょいい。弄ったジムニーの大半がショートバンパーなので、むしろこちらが新鮮に見えたのです。

こんな風に色んな情報を集約した結果、そして一般道で見かけるJB23がまだまだノーマルバンパーであることもふまえ、ノーマルバンパー対応アンダーガードの開発に踏み切りました。

 

この完全ノーマル車両をいつもご提供いただいているのは、京都のオートファクトリー様。ありがとうございます!

他社さまのように外装を全部やりきったコンプリート車両のほうがカッコいいですが、当社はお客様が購入されるときにより参考になったほうがよいので、つねにフルノーマル車両を探してこういった装着画像をアップしています。色気はないですが、購入側にとって一番リアルだと思うからです。

純正バンパー、私は好きです。そしてこのアンダーガードは自然で変な主張をしないので、うまくまとまっています。ノーマルだとさびしい、でもショートバンパーとスキッドプレートまでやると、世間体的にちょっと…という私のようなアラフィフにはちょうどいいかも。

アルミ板に電着塗装の黒を施してあります。アルマイトに似た質感になりますが、電着塗装は何せ強い。

これで価格は¥14,800!(税別)もちろん、完全メイドインジャパン!のセクション製。カチオンは大阪の専門家にやってもらっています。車高調のブラケットに使うほど、電着塗装は強い。

新型JB64Wは衝撃的にカッコ良いですが、JB23もやはり名車。こうやって見るとノーマルデザインがほんとに良く出来ています。

朝から、色んな角度で撮影していると、気付けばスッピンノーマルJB23に恋していました。

楽しいだろうな、1人で犬でもつれて、あての無い旅にでたら…(営業スマホの電源きって)

なお、撮影は黒でしたが、白アルマイトもあります。ただ、アルマイトは高いので¥21,800定価。それでも、純正オプションガーニッシュだと、さらに値段は上になりますし、また嗜好の違ったものなので、選んでいただく楽しみにもなります。

「それでも、ワシは黒はイヤなんじゃ!とはいえ白アルマイト、高スギ!」

というワガママさんに、ジムニーという車だからこそたどり着いた、漢(オトコ)仕様、アルミ地ムキ出し仕様!を設定しました。こちらはなんと税別定価¥12,800! アルマイト仕様からすれば半額に近いプライス!

ぱっと見た感じは白ですが、表面は色んな小傷があります。白アルマイトは、アルマイト処理をする前に、そういった表面の傷をきれいにポリッシュするので、アルマイト代+作業代がかかり、高額なのです。「どうせ、走り出せば小石もあたるし、そもそもガード!、いいじゃねえか、傷は勲章サ!」ってな漢(オトコ)用です。

蛇足ですが、オトコを漢というのは、当て字のようなものみたいです。語源は中国の歴史の漢民族。勇猛果敢な民族だったとのこと。

あれ?これは?

これはミックコープレーションさんから依頼されて製造しているシマ板バージョン。当社では販売しておりません。

http://mickcorp.com/

これまたかっこいい。

当社では、ハスラーのアンダーガードを開発中にシマ板も用意していたものの、最終でお蔵入りさせたのですが、それをミックさんが販売したい、ということになり生まれました。

当社でも、ミックさんの商品は取り扱いしているので、販売は可能です。が、ミックさんは通販会社なので、ショップさんはともかく、一般の購入希望の方は直接「ポチ」がおすすめ。

さて、今回、お預かりしているJB23はアンダーガードのためだけに入庫したわけではありません。新型ジムニーも開発予定しておりますが、これから一番オモシロいのはJB23。豊富なタマ数に、たくさんのパーツの選択肢があるこのクルマは、まだまだ愉しむ方法がたくさん。

色んなものを、常識や定番にとらわれずに、JB23、64ともに開発していきます!

 

2件のコメント

  1. 鶴谷さま

    お待たせいたしました!

    以下のフォームから注文の旨、いただければ、当社スタッフが対応いたします。
    http://silkroad-jp.com/portfolio-2-2/contact

    また、全国の当社直接取引先の通販会社さまやショップ様からもご購入いただけます。

    早速のお問い合わせ、本当に嬉しいです!
    今回の開発がきっかけで、私個人も凄く好きになった名車、JB23。
    色んなパーツ、今までに無かったようなものも含めて開発していきますので、今後も当社HPチェックしていただけると幸いです。

  2. 待ってました!是非購入したいです。
    当方、北海道の旭川に在住です。どうすれば購入できますか!?

コメントの受付は終了しました。