JB64新型Jimny × MONROE SAMURAI × CANUS テスト車両に遭遇!

カーファクトリーキャナスのミスミ社長は、全然凄くない人に見せかけて、トンでもない人です。いつも驚かされます。ふらっと立ち寄ると…

http://www.canus.jp/index.html

私と違って、パリッとした服装で、いかにも出来そうな人たちがわんさかと、新型ジムニーを取り囲んで談義をしています。

なんだかワタシ場違いっぽい。帰っちゃおう… と思うと、ミスミさんは、

「ナニしてんの、よっていきなョ。大丈夫、大丈夫」

いつも気さくで超優しいんです。本当は国際C級ライセンス持っていて、世界で初めてプリウスでサハラ越えをやってのけ、世界中をラリーという競技で活躍し、凄いジムニーをさらりと作ってしまう人。このショップに突然有名ライターやら、世界的ラリーストやメカの方が出没するところに何度も遭遇しています。でも、エラそぶらないところか、とんでもなく優しい人です。

ちなみに、ナニをやっているんですか?

「テネコジャパンさんと、新型ジムニー用のショックの開発テストしてるんだよ~」

そうだ!ミスミさんがJB23用のモンローのサムライショックの開発に携わっていたんだ。

http://www.monroejp.com/products/Samurai_jimny.html

ってか、改めて本当だったんだ…すげー。そうそう、モンローショックのサイトに、思いっきりそのテスト状況のビデオがアップされています。

http://www.monroejp.com/service/JB23.wmv (←コレをクリックすれば再生)

今からテストに入るんだな~。楽しみです。ちなみにキャナスの名前の由来は、「CAN」「US」=「できる、俺たち」ってこと。トライしようという精神から来た名前。まさにミスミさんの生き方そのもの。だから色んな人を惹きつけるんですね。

「紹介するよ、テネコジャパンの池内さん」

あっッ!テネコさんだったんですね!世界的に有名なモンローショックアブソーバーとランチョショックアブソーバーの日本の正規代理店。当社は20年ほど前に凄くお世話になったんです、もうご存知無いかもしれませんが…

「知ってますよ、シルクロードさん。20年ほど前はエアショックを使ったワゴンサスペンションを手がけていただきましたよね。当時の担当の宮内はおりませんが、お名前は存じています」

うわ、この池内さんっていう営業マン、ワタシとはレベルが段違いだわ… 出来る人だわ。もう、今の一言でメロメロにされてしまった…

そうなんです、ワタシと同世代のアラフォーアラフィフなら知ってくださる方もいるかもしれませんが、カロットワゴン車高調は20年前、ナビオ族という言葉と一緒に大ブレークしたのです。なぜか水中花草の巨大シフトノブに、リアに巨大水槽を乗せたミニバンが夜な夜な日本中で大増殖したのです。その時に、リアだけをモンローエアショックで上げ下げするキットはお手軽さとともに、空前のヒットをしました。

実は、モンローエアショックに、もう一度お世話になるプロジェクトがあり、そろそろお伺いしようと思っていた矢先、しかも奈良県のワタシが、まさか埼玉のキャナスさんで、お会いできるとは… 恐るべしキャナス。

それにしてもすでにきまってます、このクルマ。ランクル用を流用したらしきルーフキャリア、かっちょいいMKWさんのホイルにオフロードタイヤ。そしてテスト段階とはいえ、リフトアップキット。

「そうそう、シルクロードさんのJB23用のビッグローターキット、新型に装着できたよ!」

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/brake/br_jimny

本当だ!きっちりはいっている!

「なかなかいいパーツ作ったね。ボク個人は、ジムニーについては制動力にはそんなに不満はなかったんだけど、このビッグローターを装着すると、制動力の範囲が広がって、コントロール性能がかなり上がるね。ストッピングパワーの向上より、ボクはむしろコントロール性能が向上したことがとても気に入ったよ。スイートスポットが広がったので、色んな制動力のかけかたができる」

うれしい!!!!!!!!!!!

本気の本当の過酷なレースをジムニーはもちろん、えげつない世界のラリーで活躍する人がほめてくれたゾ!

さすがミスミさんだと思ったのは、確かに開発した私たち自身が制動力アップにこだわってきたけど、これはその副産物としてブレーキコントロールの幅も広げてくれるんですねぇ。正直気付かなかった… よし、明日から早速この殺し文句を使うゼ!

まあ、とにかく色んな人がやってくる中、ワタシにも定期的に気遣って話しかけてくれるので、だんだん申し訳なくなってきましので、撤収。

店内を軽くのぞくとご自身で開発に携わったJB23用のサムライが展示してありました。もうすぐここにJB64用も展示されるんでしょうね。楽しみです。

さて、そんな興奮冷めやまぬまま、訪問したのは同じ埼玉のBOZZ SPEEDさん。エボ、インプでは全国的に有名店。

http://www.bozz.co.jp/

今日訪問したのは、BRZのパーツの打ち合わせ…

では無く…、もっと大切な話が…

業界屈指のグルメ大王の、おすすめグルメのお問い合わせ。なにせ、埼玉にいながらにして、大阪高槻市の超マニアのみ知る中華料理屋に出没したり、和歌山でワタシも知らなかった料理屋をしっていたり、なおかつ、ご自身が時々インスタなどにあげている手料理は、フレンチのプロレベル。見るだけで美しさと美味さがわかるほどの腕前。

久田社長、ワタシ、先月、萬福というラーメン屋での業者の会に出席し、気を使ってレバーから揚げしか食べれなかったものの、あまりのレベルの高さに驚いたのですが、ご存知ですか?

「いいところ行ってるね~。越谷だろ?あそこのオヤジとも仲良くしているよ。今度いったら、『肉から野菜』頼んでみな、メニューにはのってねえけど」

さすがだよ。さすがBOSSだ。

「あのオヤジはクルマが好きでサ、たまたまオレの同級生の友達。遅くまでやっているんで、周辺のクルマ屋のたまり場だよね、昔っから」

なるほど、そういうことだったんだ。そうなると、どうしても今すぐ喰いたくなってきたな。1人で行くのもイヤだし、よし。シュピーゲルのへんみ部長に付き合ってもらおう!

ってことで、ダーリンが迎えにきてくれました。クルマが好きで優しいへんみ部長です。最近は、仕事の話はほとんどしていないような気がしてきました(笑)

おお~、到着!

https://retty.me/area/PRE11/ARE54/SUB5401/100000423078/

埼玉のクルマ屋の聖地!全回、集合した面子に恐縮して、肝心のラーメンを食い逃しているのです。リベンジ!

入り口にところ狭しとはってあるステッカーの中にちゃんと、BOZZ SPEEDがあります。ワタシも常連として認められたときには、ステッカー貼りのお許しをいただくぞ!

ラーメン食べたい欲求をおさえ、まずは餃子!前回、餃子にもぶっ飛びました。ウマシ!

ちなみにワタシは仕事柄、世界中20カ国くらいは今まで訪問していますし、ヨーロッパのすごい料理も、アジアのB級グルメもすべて堪能してきております。

餃子も色んな国でたべてきましたが、間違いなくウマシ!でも、おつまみ最強はコイツ!

ワタシは内臓系NGです。特にレバーはダメ。フォアグラは喰えます。あと、JAWS山本さんが連れてってくれる、焼き鳥王国久留米でのみレバーが食えます。こいつは凄い、レバー嫌いのワタシが、1人で一山全部食えるレバーから揚げ。レバーをから揚げ!?もうその発想にビビリます。

チャーハン食えば、中華料理屋さんのレベルがわかるというのであれば、まさにその一品。うまみが凄くてガツンとくるのに、塩分が少ないんです。普通は塩とコショウでごまかすのですが、ここの料理はすべて塩控えめなのに、ガツンとくる。ちゃんと旨味成分がふんだんに入っているから。レベルが高い!

このチャーハンについてくるスープ、もう、ここに麺をいれてくれ!と叫びたくなるほどの旨味。このスープだけで、ワタシが世界一だと思っている栃木のとら食堂に匹敵しています。

そして、へんみ部長が突然頼んだ麻婆豆腐。ええっつ、ここでこんなヘビーなもの頼むなYO~、ラーメンまでたどりつかねえYO~、と文句を言おうと思って一口… すいません、頼んでくださってありがとうございますm(_ _;)m 美味い…

そしてやってきた~!念願のニンニクラーメン!

うまい!うまい!へんみ部長はシュピーゲルのオフィスから近いから常連かと思いきや、実は3度目くらい。2度目のワタシとかわらんやん!

はふー、満足です。サイコーです。あれ、でもなんか忘れているような…

あーーーーーーっつ!BOZZの久田社長にいわれていた、肉から野菜がーーーーー!

ま、いいか、来月も絶対に寄るし。

ということで来月もへんみ部長につきあってもらおうっと。

それにしても、ブログ、飯の説明のほうが長いな(汗)。うちの会社の人はあまり読んでなさそうだから、いいっか… 仕事していないの、ソロソロばれそう…