R34/S15 専用リアメンバーカラー by 3UP 専用品はイイ事ずくめ!

3UPシリーズ、続きです。

RB25用マニフォールド by 3UP / R34スカイラインパーツ共同開発品スタート

「S15専用リアメンバーカラー作りましょう!」

そう三上さんから提案いただいたのは一昨年のこと。

昨年、ようやく完成しました!なお、S15用専用でS13、S14とは形状が違います。そして、今回、ER34スカイラインの適合確認を三上さんにとっていただきました! つまりS15、R34専用品。(ちなみにC34系ステージアもいけるそうです)

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/footwork/foot_mc

ここで、普通、こんな意見がでるはずです。

「S13、14用装着すればいいじゃん。安いのたくさんネットで売られているよ。少し加工すれば装着できるョ」

極当たり前のご意見。でも、3UP三上さんから説明を聞いて納得しました。

「S13、14用を加工して装着すると、純正ブッシュの寿命が短くなる可能性があります」

純正ブッシュが破損するとどうなるんですか?

「走行はできますが、高速道路で挙動が不安定になり、良い状態とはいえなくなります」

リアメンバーをアッセン交換は高額だし、ブッシュだけ交換すればイイと思うかもしれませんが、あのデカイメンバーを油圧プレスにかけられるような設備か、根性のいずれかが必要になります(笑)」

「この専用設計品なら、純正の寿命を延ばしてくれます。というのも、スペーサーが入るスペースがもともとあるため、その中で純正ブッシュは頻繁に上下するので、いずれ亀裂や破損するのですが、スペーサーを入れることで保護作用が働きます」

「また、推奨はしませんが、すでに亀裂などが発生している場合に装着すると、不安定だった挙動がかなり改善します」

「このスペーサー、決して安くはないですけど、メンバーアッセン交換することを考えれば安いものです。新品の人にはブッシュ寿命の延命に、亀裂などが生じている方には挙動安定に、そしてもちろん、本来ドリフトなどで装着されている理由である、メンバーの不要な動きを抑制し、コントロール性能を上げることにも貢献してくれます」

「また、素材がアルミではないので、音や乗り心地的といった快適性も損ねにくい。ガチガチの競技車両の場合、ウチでも溶接してリジッド化までしますけど、とてもじゃないけど普段乗り出来ませんからね。また、このフッ素樹脂はカットしやすいので、メンバー降ろさなくても装着できるし、ウレタンよりも耐久性が高いのがいいです」

と、事細かに説明していただきました。エキマニや車高調もそうですが、専門家だからこそわかることがたくさん。でも、本業はショップなので製造、量産する設備が無い。当社は量産の専門家ではあっても、シルビア、スカイラインの研究をしているわけではない。だからこそ、こうやってコラボした商品は、両社のいいところ取りになります。

この話は、当社がS13、S14用を以前からガラス繊維の強化プラスチックで製造販売していることから始まりました。

「アルミ、スチール、ウレタンしか無いと思い込んでいました。シルクさんがこんな材質でやっていることを知りませんでした」

「最近のお客さんの声を聞いていると、快適性も重要だなと思ったンです。ガチガチのトップ争いをする競技車両を作ってきましたけど、皆が皆、競技するわけじゃない。半々の人も、年に数回の人も、そして普段乗りに使う人もいて、それぞれの愉しみ方があるんです。そこを考慮した車造りも大切にしたいんですよネ」

「でも、完全普段乗りでも、シルビアやスカイラインに乗るヒトは、やはりそれなりに純正+アルファもどこかで求めています。このリアメンバーカラーも、純正の補修や保護を兼ねながらも、快適性を極力保ったまま、スポーツ性を高めてくれるというコンセプト」

なお、このメンバーカラーの装着詳細は3UP岡崎さんが日々更新しているブログ、「3UPおばちゃんの言いたい放題」で紹介されております。

http://3up.sblo.jp/

異業種出身の競技や専門的な知識が弱いワタシが、読んでみると楽しく、読みやすかったことから、これを参考に立ち上げたのがこのシルクロードのブログ。

次回は、3UPさんとのコラボ車高調について紹介させていただきます。