エンブレムプロテクター for スズキ

今週、新商品のアナウンスをさせていただきました。

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/exterior/ext_embpr

スズキのエンブレム、カッコイイんです。私好きです。華麗だ…

エンブレムはクルマにとっても顔です。

でも、サーキットなどでのハードな走行による飛び石、悪路などでの障害物にヒットすると、メッキだと傷が入りやすいんです。スズキは面積が広めですし。

ということでガードを装着!

向かって一番左が純正。真ん中と右がカバーで、見ていただければわかりますが、当社のガードはエンブレムとしては使えません。純正エンブレムに覆い被さる形状になっているからです。スマホカバーと同じコンセプト。

装着はいたって簡単。裏側の両面テープの被膜をはずし、上下注意して貼るだけ。装着の簡単さも、スマホのカバーみたいなものです。

ただ、この画像のスイフトスポーツには装着できませんでした。微妙に形状が変わっていました。

JB64ジムニーにはばっちりです。純正のグリルになじむマットブラック。これで、山道の木の枝も、泥道の跳ね石もへっちゃら。

精悍な顔つきに変身。

純正のバンパー、グリルにもマッチします。

また、マットブラックに加えて、ダークスモークも用意しました。

半透明なので、メッキが少し透けて、これもカッコイイです。ちなみにこのクルマはクロスビー。

クロスビーはジムニーよりも都会的なイメージがありますから、ダークスモークもありです。ただし、クロスビーには試作品のテストはしましたが、量産品の装着時にクルマがすでに売り飛ばされていたので、適合の確認は今しばらくお待ちください。

なお、両面テープはサービス装着されていますが、うまくいかなかったりしたら、スリーエムなどのテープを購入いただき、貼り直しも可能。

素材はABS樹脂なのですが、注意点があります。それは表面がシボなどと同様、小さなエンボスのような凹凸があるので、ワックスはご法度。表面に入り込んでしまい、変色を引き起こす可能性があります。それに、純正のABSフェンダーやバンパーなどの樹脂は、環境劣化で変色することが多く、当社製品も同様です。お手入れの際にはそういった純正樹脂の表面処理剤などがおすすめで、当社も近々おすすめケミカルをアナウンスする準備中。

今日はとんでもない台風レベルの豪雨と強風でした。奈良県を出て、道中の高速道路、アクアラインでは車がひっくりかえりそうなほど。

もちろん愛車ハイゼットです。クルマが強風にあおられるたびにヒヤッとします。

でも、同行出張で隣に乗っているカワイ製作所の代表、川居相談役は、

http://www.kawaiworks.com/

「おい、ハイゼットに乗せられるって聞いてたからどうなるかと思ったけど、脚がえらいしっかりして、安定しているな。今度、ウチでは4WDアトレー買うけど、脚頼むで」

と、よほど快適なのか、スマホをいじっています。こっちは、いくら脚をチューニングしてあるとはいえ、新東名で強風にあおられてフラフラ。

ただ、間違いなく、ハイゼットカーゴに当社のKYBダンパーを組んだだけで、ラリーなどの競技出身の川居相談役が快適というくらいなのですから、ここにスタビなどを追加していくのは楽しみ。

JB64ジムニー リフトアップキット 実走動画あり

「そういえば、この間、シルクロードに入れてもらったリフトアップキット、うちの嫁さんがエラい気に入ってな。もちろん足回りとか部品とかはチンプンカンプンな素人やけど、そういう人間に『乗りやすい』といわれたらナカナカのもんやで」

こういうリアルな情報、ホントに助かります。

ということで、すでにワタクシは暴風雨とともに関東上陸済み。面白情報、アップしていきます。

 

2件のコメント

  1. http://silkroad-jp.com/portfolio-2/exterior/ext_embpr
    値段が39800円になってます。
    ダークスモークいいですねー

    1. takaさん

      ご指摘たすかります!
      担当者に連絡いたしました。

      ダークスモークは正直ばくちで設定しました。
      自信なかったのですが、コメントいただけて超嬉しいです!!

コメントの受付は終了しました。