S321V ハイゼットカード スタビライザーキット開発状況

おっツ!ハイゼットカーゴがリフトにあがってる!

ハイゼットカーゴの後付スタビライザーキット、試作品が上がってきたようです。

元々スタビライザーが装着されていないので、まずはスタビのバーを取り付けるブラケット制作から始まりました。

これを装着すると、スタビが取り付け可能に。

この本体は、日本の某有名メーカーさんで制作していただきました。当社では制作できませんからね。

こんな感じです。良い!

あと少し、追加部品をデータ取り。完成が本当に楽しみ!

生まれて初めて軽バンにのったワタシ。営業車ですから、毎日乗るし、色んな場所に行きます。するとものすごく気になったのが安定性。真っ直ぐな道ではステアリングが敏感なのに、コーナーは全然曲がらない。

「曲がるのかい!曲がらんのかい!どっちなんやねん!」という突っ込みが思わず出てしまう。

その対策のひとつがスタビライザーというわけです。

スタビキット以外にも、リフトアップキット、リアのアクスルにいれるスペーサー(操作性安定のため)も開発中。

ラテラルロッドは発売中。

S321, S331ハイゼットカーゴ用 ラテラルロッド なぜ必要? その他開発商品

リアには未発売のスペシャルパーツが装着されています。

当社のKYBオリジナル減衰力、L235エッセレース用ショックアブソーバーを改造して取り付け。

14段階調整で、個人的には11段目が気に入っています。レース用ですが、KYBさんに依頼した減衰力は、1段目なら純正よりも柔らかい。7段目で、キビキビ感がでてきて、14段目はさすがにって感じで、減衰力の幅が広い事。

このショックを入れただけで、実はスタビキット未装着で、驚くほどコーナリング性能と、直進安定性の向上を体感しています。結構な速度でコーナリングできるようになりました。

これはナンですか?

「リアの純正バンプラバーの高さを変えることでも、かなり乗り心地変わる可能性があるから、リアバンプラバーも設定しようと思ってな」

こんな感じで、ハイゼットカーゴ快適化計画は順調に進んでいます。

突っ込みどころの多いクルマなのですが、なぜか一度乗ってしまうと、他のクルマに乗りたく無くなる、という不思議な魅力のハイゼットカーゴ。安いし、中は広いのに、細い路地や裏道もへっちゃら、という割り切ったつくりだからこその魅力なのでしょう。

そして、ワタシがこのクルマで西は九州宮崎県から、東は、北関東まで走っていますから、開発チームとタッグを組んで、この素敵な素材をもっと魅力的に、快適になるパーツをどんどんリリースしていきます。そして、今週は、山形に初上陸です!もちろん、この相棒と共に。

 

 

4件のコメント

  1. 凄く楽しみです!!
    ショックアブソーバー、スタビライザー、完成いたしましたら是非とも装着したいです。(ラテラルロッドも)
    リジッドスペーサー、ローダウンキットもぜひ開発お願い致します。

    1. 藤田さま

      そういっていただけると凄く嬉しい!

      開発案を出した当初は、会議で「?」って雰囲気だったんです。
      ハイゼットカーゴの車体価格と、使用用途からして、高額になるスタビやショックアブソーバー、ましてや趣味パーツに近いリジッドスペーサーなどは論外だろうと。

      けれど、乗り始めて半年、2万キロ、こんなに愛着が涌くとは思いませんでした。
      欠点だらけなのに、居心地が良い…
      しかも、欠点を治すのが楽しい… 
      若い頃、安いクルマを買ってきて、オートバックスで小物をちょびちょび装着するのが楽しかった頃を思い出しました。

      藤田さまのようなお声が、開発するにあたっての勇気になります。
      ありがとうございます!

      ローダウンキットがちょっと難しいかもです。コスト重視だとダウンサスになり、すでにたくさんのメーカー様から販売されています。
      車高調キットは作れますが、当社製はコストパフォーマンスに優れる海外製からすると、高額過ぎ…
      お約束はできないのですが、当社らしいダウンキットが作れる余地があれば、もちろん開発いたします!
      (そこそこの値段で、乗り心地が良くて、そこそこ下がるやつ)

      今後ともよろしくお願いいたします。

  2. キット完成、楽しみにしております。

    1. 辻野さま

      コメントありがとうございます!
      正直、このスタビキットは独りよがりなパーツにならないかという不安が若干あります。

      コメントをいただくと、開発側もやる気が出ます!
      ありがとうございます!!

      開発完了までにはもう少し時間がかかりそうですが…気長に応援していただけると幸いです。

コメントの受付は終了しました。