LA900S タフト リフトアップキット 開発車両入庫!

「タフトが入庫したぞ」

M-STYLE@摂津市よりご連絡いただき、参上!

https://www.m-style-japan.co.jp/

元ダイハツディーラー整備士でもある宮社長@M-STYLE。

「ダイハツ、がんばってるなあ。昔の軽自動車とは別物。速いし、カッコええし、ボディもしっかりしとる」

G-WORKS今月号(8月)に登場(笑)

「シルクロードのリフトアップキット装着したロッキー、すぐに売れた!今回も期待してるで!」

ロッキーの開発車両もM-STYLEさん提供。

感謝です。

大阪府摂津市からおよそ70km走行してシルクロードに到着。

純正サスペンションの完成度の高さに関心しっぱなし。

軽自動車という概念は捨てるべき車、タフト。

乗り味は乗用車そのもの。

フロントのサスペンションは、ロッキー(ライズ)に近い、新タイプ。

従来のダイハツサスペンションからは変化しています。

そのため、ロッキーではスペーサー製作に苦戦しました。

今回はその経験が活かせそうです。

リアも新タイプのようです。

ロッキー同様、大きく線間が開いた、新形状のスプリング。

ダイハツのやる気は、ロッキーのときに感じていました。

一般消費者には関心が薄いであろう、目に見えないサスペンションに注力していたから。

純正サスペンションレベルが高いタフト。「ただ車高を上げれば良い」と適当なスプリングやアブソーバーを投入すると、デチューンになりかねません。純正同等レベルにするだけでも、かなりの開発時間がかるでしょう。

けれど、幸運なことに、当社のリフトアップ手法はスペーサー式。

純正のスプリングとショックアブソーバーをそのまま活かすので、バネやスプリングの設計で悩んだり、テスト繰り返す必要がありません。1~2ヶ月以内の販売開始を見込んでいます。

ハスラーと比較されガチですが、別物です。

ハスラーはツールとしてのデザイン性、ユーティリティーの高さで、幅広い年代に扱いやすく、日常を重視。

タフトは、パノラマルーフに象徴されるように、若者を中心に、非日常を楽しむ相棒。

一見遊び心満載というイメージですが、中身はむしろ超真面目。

パーキングブレーキは、なんと電子式!

パーキング時は、自動的にタイヤの位置を見える化。

狭い場所で何度も切り返していて、タイヤがどっち向いているかわからない時に助かります。

派手な内装、外装に目が行きますが、運転すると驚くほど基本を重視して作られています。

ターボエンジンは静かで力強く静かで、ソレを受け止めるサスペンションも負けずにハイレベル。

ジャニーズ退社後、世間を騒がせている手越君的なイメージ。

金髪でチャラいと思わせて、実は礼儀正しい一面があったり、シングルマザー支援活動やっていたり。

派手な外見に騙されてしまうけれど、実は目に見えないハード面にお金がかかっています。

車高を上げたスタイルを早く見てみたい!

でも、ちょっと一休み。お盆休みが始まります。

この時期、鹿と人でごった返しているはずの奈良公園は驚くほど静か。

コロナを「ただのインフルエンザと同じ」と言っている人たちがいますが、ただのインフルエンザなら、なぜ世界が大騒ぎしているのでしょう?毒性、感染力、感染者の苦しみ、医療崩壊、後遺症。ググればすぐわかります。

特に声が大きい、有名人、芸能人の方々には、ご注意いただきたい。

人類始まって以来、と思ってしまいますが、歴史的には特別なものではないようです。

1918~1921年、ちょうど100年前、世界の4人に1人がスペイン風邪に感染し、1億人が亡くなったといわれています。

人類は100年の間、コロナに負けずに進化したんです!

対コロナ最強兵器、マックのドライブスルー!

買いました、限定メニュー。

ハワイアンチーズロコモコ。

気になる評価ですが、ビッグマック100点に対し65点。

テリヤキバーガーと月見バーガー足して2で割っただけ。新鮮さゼロ。チーズの量は評価します。

トマトが入っていれば、80点だったでしょう。

やはりビックマック最強!

2件のコメント

  1. こんにちは。
    自動車の買い替えの検討に当初ジムニーを考えていましたが納期の長期化で断念
    こちらのタフトのインプレッション動画をみて(どのインプレよりも信頼できました)購入を決定しました!
    今後のタフトの商品開発、販売を楽しみにしております。

    1. WATANABEさま

      コメントありがとうございます!

      何より嬉しかったのは、撮影、編集、クルマの知識も初心者なワタシのつたない動画を見てくださったことです。

      タフトは、ホントに衝撃でした。
      車両提供してくださったMスタイルさん始め、プロの皆様がビックリするほどタフトの出来がいいんです!

      動画では本音を言いました。
      無理です、あのサスペンションを入れ替えるキットは当社では作れません。

      スプリングもショックアブソーバーも純正のままでいきます!

      お盆明けから開発本格始動です。

      もちろん、当社を押してくださるのはとても嬉しいですが、やはり、他社さまも本気ですので、しっかり比較された上で選択していただけたら、凄く嬉しいです。

      ジムニー、当社も一年半まちました。
      凄くいいクルマ。
      でも、タフトは異なるジャンルですし、ジムニーにはなかった魅力があります。

      うらやましい。
      いや!ダメだ、ワタシの愛人はハイゼットカーゴちゃんだ!

コメントは受け付けていません。