S321v ローダウンキットN+ 脱ダウンサス/車高調

ちょっと過激なタイトルにしてみました。

でも、今回それくらいすごいサスペンションの開発ができたんです。

お手軽に安価に車高を下げるダウンサス。

しかし、スプリングを遊ばせると危険で違法。

遊ばぬよう長さを維持するなら、車高をさげるにはバネを柔らかくするしかありません。代償としてコーナリング性能は失われ、ふらつく。ダウン量に比例してデメリットは増し、段差での不快な底付きが発生することもあります。

全長調整式が主となった車高調は、幅広いセッティングが可能になり、走行性能がアップ。

しかし、本来はサーキットを主戦場とするパーツであり、整った路面での使用が想定されています。色んな場面が想定される一般道では快適性が損なわれる場合や、車種や仕様によっては不快な金属音が発生。定期的なメンテも必要。

”魅せる”ためにすべてを犠牲にするドレスアップ車、タイムアタックに挑むスポーツカーであれば問題ありません。

でも、ハイゼットカーゴのように日常がメインであるクルマにはどちらも短所が大きすぎる。

車高調とダウンサスを販売している会社の社員として言ってはいけない、といわれるかもしれません。

でも、そこをなんとか第3の方法を探し出すのがプロとしての仕事。

ということで、車高調でもなく、ダウンサスでもないサスペンションの開発をお願いしました。

フロントは、先日のライトエース同様、純正ショックアブソーバー、アッパーマウントをそのまま使用。

ただし、スプリングは直巻きに変更します。遊ばないようにヘルパースプリングを入れています。

コレにより、リニアにスプリングレートが発生するのでサスペンションがシャキッとします。

下から覗けば完全純正サスペンション。

タイヤハウスから覗くと、直巻きスプリングが見えます。

純正タイヤホイルのままで指2本。

いい感じです。

リアは3.9kgと4.2kgを試しています。

純正より高めのレートにし、スペーサーで高さを微調整。

発売中のKYBショック無しでもテストしました。

3.9kgでも相当スポーティー!といっても、純正感があり安心。

リアは荷物を積むことも考えて指3本程度。

あと1cmどうするか悩んでいるところ。

走行インプレション動画、後日アップします。

ヤバかったです。

荒れた凹凸に突っ込んでも気持ちよく飛ぶように走り抜け、しかもコーナの切れ味も抜群。

異音皆無で耐久性も純正に近いので安心。長距離や高速道路も純正より楽になると思います。

魅せるためではなく、快適に走るための適度なローダウンという方向性。

同じ手法のライトエースも相当キテましたが、ハイゼットカーゴの完成度にはドギモを抜かれました。

今日は朝からトラブル続きなんです。

毎朝のトレーニングに向かおうとしたら、チェーンが脱輪。

早朝5時前から奮闘すること30分。修復できませんでした。

毎朝、日の出をみるのが楽しみだったのに~

しかも月曜の朝からつまづくとは…

嫌な感じの週明け。

たまっている動画アップしなきゃいけないし、書類も山積み…

でも、自転車を明日までに修理できるかどうか気になって手につかない(言い訳)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です