ハイゼットカーゴ フェンダー 残念なお知らせ

S321vハイゼットカーゴ用フェンダーの最終調整大詰め。

量産型は完成してしまうと修正不可能。

なので、些細な変更でもすぐご連絡いただき、確認に向かいます。

まずは残念なお知らせ。

マイチェン前のアトレー(ハイゼット)は装着不可でした(泣)。

マイチェンでバンパーだけが変わったと思っていたほど同じボディデザイン。

ところが、数ミリ程度アーチの直径が違う。

見た目に全く同じで、わざわざサイズを変えたダイハツさんの意図が理解出来ない…

こちらの都合なので、愚痴っても仕方無いのですが…

さらに悔しいことに、かなり似合っている…

装着できているように見えますが、実際はずれています。

残念。

継続車検の基準を遵守するため、片側の出面は9mm以内に抑えています。

派手に見えますが、一般的なオーバーフェンダーからすれば、トリム程度のサイズ。

今日の確認は前後ドア開閉の処理。

まずはフロント。

逃がしの形状と開閉時の干渉の確認。

車両側のボディ誤差がありますから余裕を持たせたい。

けれど、やりすぎるとデザインを損なう隙間が大きくなる。

どこまで攻めるかの確認。

次はリアのスライドドアとのクリアランス。

問題なし!

スライドドア車は、オーバーフェンダーとドアが干渉してしまうことがあります。

その場合は特別なロングヒンジへの交換が必要な場合も。

真空成形は量産品の精度誤差がほとんど発生しません。

安心して装着していただけます。

開発車両は純正フォグが装着されていませんでした。

装着車両にもフェンダーは干渉しないと思われますが、現車あわせするまでは断言出来ない状態。

職人さんが不満な部分がリアフェンダーの先端部分。

「あと数ミリで完全に覆うことができたのですが…」

エンブレムカバーにもご不満の様子。

「エンブレムを完璧に覆いたかったのですが、側面は一部オープンになってしまいました」

ああ、確かに。

これを無理に覆ってしまうと、Dの文字が太くなってしまい、不細工になるのです。

理由があってのことは仕方がありません。

ご理解いただければ幸い。

ハイゼットカーゴの開発はこれにて無事終了。

初夏には量産品発売となります。

そして、次のクルマの開発が始まります。

ハイエースです。

オーバーフェンダーではなく、サイドシルガード。

ベンツのサッコプレートをイメージしたものになりそうです。

地面からの泥や石からガードするための製品。

もちろん両面テープ装着。

その次はサクシード。

ただし、新旧どちらにするか悩んでいます。

両方するかも…

https://bestcarweb.jp/news/scoop/236646

そして年末年始には、新型アルトワークスに取り掛かっているかもしれません。

ABS樹脂、継続車検対応9mmワイド、両面テープ装着、塗装不要。

真空成形と出会ってこのコンセプトを実現できたのが6年前。

原点は25年前に乗っていたエクリプスD32A。

とにかく流線型のクルマ好きで、S30Zかダッチバイパーが欲しかったのですが、金銭的に無理。

あの形に憧れてアメリカからオーバーフェンダーを取り寄せたら、超粗悪品。

ショップさんが物凄く苦労して数ヶ月がかりで取付けしてくれたのですが、費用にもビックリ。

最後の愛車はZ33。

デフォルトでオーバーフェンダーになっているのがお気に入りでした。

結局、維持費に苦しみ、十数年前にサヨナラ。

あれからもずっとオーバーフェンダーのことを考え続けていました。

「両面テープで塗装せずにオーバーフェンダー装着!?無理無理」

クルマのメカニズムに疎いワタシですが、いくら諭されても譲れない想いでした。

そして、想い続けていると、チャンスと人にめぐり合えることを、今、改めて実感しています。

週末、予告どおり、イーカスタムさん達と80kmの散歩に行ってきました。

高槻→嵐山→枚方ルート。

実際には75キロでした。

前回の琵琶湖1週のちょうど半分。

琵琶イチを制覇していれば、渡月橋までの30キロ弱なんて楽勝。

嵐山駅周辺でモーニング出来るところ調査。

しっかりコロナ対策されているお店を発見。

レトロな感じが素敵でした。

喫茶店なんて20年ぶりくらい。

コーヒーの味が懐かしく、そして凄くおいしい。

その後サイクリストたちの憩いの場で休憩。

コロナでさらに自転車愛好家が増えているようで、ビックリ。

一服しながらの話題は体重と体型。

「こんなにがんばってるのに、ブクブク太っていくわ」

ホント同感。

「さっきの喫茶店のトイレにいい言葉あったよ。」

と撮影した画像を見せてくれました。

そうだよ。

自分は変えられるンだ!

でも、このビッグマックボディを絞るのは…

真空成形オーバーフェンダーにたどり着くよりハードル高いかも…

 

5件のコメント

  1. フェンダーもいよいよですね♪
    楽しみすぎます!
    最近、まわりも自分含めコロナ太りと言いたいだけの堕落生活…
    やはり身体は動かし続けないとダメですねぇ〜
    ちょっとグラベルロードで楽をし過ぎたので1年ぶりくらいにファットバイク通勤に戻します…
    タイヤの抵抗は増えますがエアボリュームあるので長時間乗ってもお尻と腰に優しいです。
    お互い頑張って絞りましょう!

    1. デッキバンさま

      「お尻と腰に優しい」!!!
      ヤバい、そっちに変更したい。

      今のバイクにはスタンド付けて、オムツもつけてます。
      自転車シューズではなくランニングシューズ(笑)
      一緒にいると恥ずかしいと言われます。
      でも、自転車も、クルマも、快適性がイチバン!

      デッキバンへの適合確認、もう少しおまたせしまーす。

    2. 早速、今朝からファットバイク通勤です。
      でも26km/hをキープするのが精一杯です…
      グラベルロードから100kcl消費量アップしました(笑)
      漕ぎ続けないとすぐに失速しますよ〜
      私は足がひねれないのでビンディングは使わず同じくランニングシューズです。
      気楽に歩けていいですよね♪
      楽しみにしております!

    3. デッキバンさま

      ファットバイク調べていました。
      まさに自転車界のリフトアップ車両のようでカッコイイ!
      選び方がわかりませんが、見た目でビーチクルーザーというやつが気になっています。

      それにロードバイクの細いタイヤはちょっとした継ぎ目で転倒するのが怖かったんです。
      2ヶ月前に転倒して、ようやく肋骨の痛みが無くなりました。

      想像ですが、このバイクで26km出すって、かなり凄いでしょ?

      ランニングシューズはOKなんですね(笑)
      おむつと、スタンドも外すつもりはありません!

      初夏に初心者向けトライアスロンに出るので、がんばります。

    4. 私が乗っているのはSANDMAN BIKEというブランドのですが街乗り・林道・雪山とあらゆる路面走れます♪
      タイヤは26インチですが太さは5インチあります(笑)
      リムとタイヤが重いから漕ぎ出し重いですが回しだしちゃえば…少しは…
      でも26km/hはなかなか辛いですねぇ…
      自転車のダメ?なところは工業製品として曖昧すぎるというかちゃんと基準があるのにそれにも満たない粗悪品が平気で売られてしまっているのがとても残念です。
      ちなみにグラベルロードというのもオススメですよ?700×50cとからあるからエアボリュームもあるし身体は長時間乗っていても楽ですしロードなどとツーリング行くなら巡航速度がほとんど変わらなく走れます。
      トライアスロンですか!辛そう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です