もう全部買っチャイナよ 物欲魔都市 イーウー

こちらでは諸事情でブログ更新やメールなどがなかなか難しいですね~。

 

 

さて、昨日完全に粉砕されてしまった私のサスペンション(脚)も、一晩ピットインしたおかげで少し回復。

有名な青島(ちんたお)ビール、高級中華と山本中国ファミリーの心暖まるおもてなしで身も心も完全に癒されました。

 

とはいえ、あの恐ろしいイーウーのラビリンスに朝からアタックするのは少し気が引けていたところ、現地ガイドさんが「イーウーの前に、クルマ部品のショップ店を見学しますか?」と言っていただき、ホッとしました。

そうだよね、こちらにもあるよね。どんなショップだろうねえ、何やってるんだろうね~。と気分転換ができるとルンルンになっていた私のメンタルは5分ほどで現地到着後、再度、崩壊の危機を迎えました…

 

ショップって… … …

ショップだらけじゃん! これだけで日本の村マルマル一個分以上のサイズあるじゃん!!!

 

 

 

いけども、いけどもショップ、ショップ、ショップ…

え? 昼までココ見学!? まだ9時半過ぎですよ…

これじゃ、屋内のイーウーより過酷じゃないか……

 

すいません、歩くことが精いっぱいで、何も写真をとれませんでした。ここはガチ地元の人のショップで、チューニングよりも内装や外装、ホイルなどを交換したりするところでした… いずれにしてもすでに私のサスペンションはもう完全に死にました…

 

 

ピットインはやはり男のバーキン(エルメスじゃないヨ)、バーガーキング!

 

 

 

 

ここでも地獄が… 恐ろしい人だかり、さばききれない店員。とはいえカウンターが3つの店なのに店員が10人もわらわらといる… でも全然すすんでナイヨ! アイヤー!

空腹と疲れともどかしさで、いつもなら鼻の下のばしちゃうような、ロシア美女が何か話しかけてきましたが、もうウワノソラでした。そういやロシア人とアフリカ人がかなり多かったですね。

 

 

 

 

ピットイン終了し、少し回復したところでイーウー再アタックです。もう今日は見学最終日なので覚悟を決めます。足がぶっ壊れるまで4時間、見れるだ見てやる!! クルマコーナー以外を狙います。

ここからは写真ばかりになります。

 

歯ブラシ専門店。全部歯ブラシ…

こんな店が一角に固まっています…

 

 

 

 

今はやりの電子タバコ専門店。

タバコ吸わないので興味ないですが、クルマ業界の取引先の結構たくさんの方々がアイコスを使っているところをよく見ます。でも、ここではもう訳が分からないくらいたくさん種類がありましたヨ

 

 

 

溶接用のお面です。結構カッコいい。

ワンオーダー100個! からオリジナルOK!!!………

 

 

 

 

blog用の写真じゃわかりにくいですが、これシート1面、いろんな種類の目玉です。全部めだま。最初は意味わかりませんでしたが、おそらく人形を作る業者などが買うのでしょう。そういわれたら、あきらかにミニオンズの目玉もありました(苦笑)

 

 


ハサミ専門店…………………

 

 

 

 

 

意味不明です。ブースとブースの間に、生きた北京ダックたちが袋にいれられて放置です。値札もなく、床に置かれています。近代的な建物の中で異様な光景です。

店員さんの今晩のおかずなのでしょうか…

 

 

最初、生麺かと思いました。

輪ゴム専門店です。

 

 

 

 

でっかい袋いっぱいの輪ゴムなんて生まれて初めてみました。

やはり生麺に見えます。

 

 

 

 

梱包テープ専門店。ワンオーダー2000個!!からでオリジナルをやってくれます。今はやりのカモフラージュ、なかなかいいです。

 

 

 


高級車がずらり

かなりリアルです。

 

 

 


大人でもほしくなる出来栄えで、一台、クラシックポルシェ買おうとしましたが、やはり展示用で、ロット買いのみです。さすがに100台もおいとく場所ありません(汗)

 

 

 


 

これ、カッコよかった。ドリフト用の電動カート。

 

 

 

 

この電動バギーもそうですが、子ども用とはいえ、あきらかにパフォーマンスよさそうなことがわかります。なにせ、エンジンではなく、電動モーターってのがイイ! トルク絶対すごいはず。

 

 

 

ぶっといタイヤがカッコいいマウンテンバイクと思いきや、これも電動モーターの様子。すげえ。

 

 

 

 

ほしい、欲しい! カッコいい! 電動スクーター

 

 

 

 

 

折り畳み式、電動スクーター。結構な速度で店内を走っていました。

異常なまでに静か。

 

 

 

 

あかーん、物欲が暴走する。

もうロット100でもかっちゃおうか、と思ってしまいます。

 

 

 

 

セグウエイに似てますが、どちらかというとキックボードみたいな感じです。ここに立つと、小走りの速度で静かにサーっと走り出します。歩く必要がなくなります。これも最近日本に入っているらしいですねえ。

 

 

 

 

一瞬、通話機能ついてるんじゃないかと思うほど、精巧なiPhone型テーブル。中国らしい一品。

 

 

 


大人気の精巧なアニメのフィギュア。

いや、最近のものは本当によくできてます。ワンピースはそんなに読んでいない私でも、アニメオタクでなくても、欲しくなるほどに良くできてます。って、これ商標権大丈夫なやつ!?

 

 

 


すげえあります。

 

 

 

 


 

恐ろしい数です。

 

 

 


 

レゴ? マイクラ? 詳しくはありませんが、これもほしくなります。

 

 

 


 

なんとそれを使ったオリジナルキャップ(帽子)もできるとのこと。ツバとマークをレゴのようなもので作っており、メインは普通の帽子。オリジナルロゴを送ったら、200個から作ってくれるとのこと。これありだな~。

 


 

すっかり定番となったオリジナルストラップ。ワンオーダー2000!! でも値段をきいてさらにビックリ!!!!

 

 

 


 

トロフィー専門店…

 

 

 


 

3UP三上さんが喜びそうな、釣り具専門店。こんなものまであるんだ。ワンオーダー1000本くらい、オリジナル逝きますか? 三上さん?

 

 


もうあちこちにあったスピナー専門店。

あまりにも多すぎて、見るとオエっとなります。

 

 

 


もうどうでも良くなってきました。ボール専門店なの。あ、そう。

 

 

 

 

 

ふで箱専門店…

 

 

 

まだまだ写真残っていますが、もう掲載するのも嫌になってきました。今回のお目当てはキャンピンググッズでしたので、いろいろ調べることができました。仕事しました!

 

ここは、あくまで見本市であり、基本的にサンプルさえも購入はできないようで、ものを入手できなかったのが驚きです。サンプルを見て気に入ったなら、いきなり、100、1000、1万などで買え! ということのようです。そしてちゃんと発送業者なども店内に常駐しているようです。

日本人としてはそんな勇気を持てる人は少ないでしょう。やはり一つ、二つ購入し、実際に使用テストをして、値段を調べて、OKになったら注文するのが普通。

 

でも、あきらかにアフリカ人、インド人、アラブ人、ロシア人など世界各国からやってきた人たちは具体的な商談をして購入しているらしき姿をたくさんみました。もう桁違いです。

中国の没落を危惧する声は多いですが、やはり世界の工場という地位は相変わらずゆるぎないということを目の当たりにしました。

 

あとは、とにかくエンジンレスになっていることを感じました。中国で道を走るバイクの静かなこと。ほぼすべて電気モーターになっている様子。そして市場で見た自転車やバイク、子どものおもちゃもほとんどすべて電動モーター。店内を電動ボードにのって、サーとしずかに高速移動する人たちをみていると、近い将来、世界中の人がこうなるだろうなという直感がしました。クルマは当分エンジンでしょうが、それ以外の乗り物がどんどん電動化していくと、おそらくクルマ業界も、遠からずその影響を受ける日がやってくるんだろうなと予感しました。

 

まあ、無理やりオチをつけましたが、これだけ頑張ってもまだ全体の10%も回り切れていないようです。直線4キロの建物が4階まであるんだもん。ちなみにこんなバケモノの建物が4~5回引っ越しているそうです… 

ダイナミックチャイナ、良いとか悪いとかという感覚がマヒし、ただすげえ、という感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です