モタガレ おもしろきこともなき世をおもしろく

運転中に急な腹痛に襲われ、重要仕入先のフロアマット工場でトイレを借りて、うゥ~んと力んでいると、壁に貼り付けられた切抜きに目を奪われました。

有名な高杉晋作のことば。これは誰もが知っているものですが、この記事の解釈が面白い! それに、タイムリー。この季節って新入社員が入社1~2ヶ月、興奮も落ち着き、社会人のタイヘンさに絶望し、「こんなつもりじゃなかった」と会社を辞める人が急増する季節。

じゃあ、このクルマ業界はどうだろ? クルマ好きが、趣味の延長で楽しくやっているようなイメージがありますが、私は違うと思っています。

現場ではお客さんのクルマのために、時間も労力も注ぎ込み、自分のクルマはほったらかし。へたすりゃ、自分のクルマが無いなんてショップのオーナーやメーカー社員さんなんてザラ。自分のクルマのメンテや修理、洗車する時間があれば、溜まっているお客さんの仕事をこなすことが先決。この切抜きにもあるように、仕事とは「自分と関わってくれた人が『良かったな』と思ってくれたらそれでいい」というものですから、お客様優先。

私も自分が仕事には関係の無いプライベートなクルマをユックリ弄るようになったら、終わりだと思っています。(もちろん、デモカーやイベント出展のために心血注ぐことは別です)。その時は、おじいさんになって退職しているか、クビになっているかのどちらかでしょう(笑) 

さて、心もお腹もすっきりして、ちょっと早めに帰社。新規取引先さまが東京から来られているんです。

モタガレの河野さん。モタガレって、ウェブでクルマの記事をなんかが良く目に付いていました。名前は知っていましたが実態は知りませんでした。

https://motorz-garage.com/

普通、こういった感じのネット会社さんって、超有名大手ブランドだけを取り扱うようなイメージですが、掲載記事を見ると、結構ディープなショップさんなどともお取引があったり、紹介記事を掲載されています。

会社の概要を聞いて納得しました。会社の社員さんの大半はこのクルマ業界の出身者。河野さん自身は前の会社は、誰もが知る大手ホイルメーカーさんで、なんと私と同じ和歌山県の営業担当。共通の知人やショップがたくさん。

他の社員さんや起業者の方も、整備関係、パーツメーカー勤務、さらには自動車メーカーの開発部署出身の方などで、実名はだせませんが、非常に頼もしいメンバー。本当にクルマが好きで、しっかりとした知識や経験を持った人が商品を取り扱うとなると、売る側も、買う側も非常に安心出来ます。

これをスタートするきっかけは、起業者メンバーの1人の方のこんな気持ちだったそうです。

「クルマのパーツ欲しいものがショップさんオリジナルなどであっても、正直怖くて電話しづらいこともある。」

「ショップさんがあまりネットに情報を出していないので、どんなお店かわからない」

「ネットで購入したパーツは取り付けをどこに依頼するのが本当に良いのかわからない」

「エアロなどの大型商品は個人宅への配送が大半できなくなった、どうすればよいのか」

という素直な気持ちから。実は、これ、営業マンの私も同じことを感じていました。だって、この業界で営業として十年以上の経験がある私ですら、新規はもちろん、ちょっと疎遠になっているショップさんでさえ、店の前で気合を入れないと、入店できないこともあります(苦笑)。

最近は、有名大学を出て、大手企業に入って、固定電話を取るのが初めてで、それがきっかけでノイローゼになったり、辞めるきっかけになることもあるそうです。それを「甘い」なんて言い出すと、ただの頑固オヤジ。だって、50歳前の私だって、知らない電話番号の着信が営業携帯にかかると、迷ったあげく、無視することもあります(苦笑)。

私だって、もう固定電話を使わなくなって十年以上、携帯電話には基本的に登録されている人からしかかかってこない、というものに慣れています。

モタガレさんでは、ホームページでただ商品を売るのではなく、取り付け店も紹介してくれます。この業界出身者が紹介してくれるお店なら安心です。今日、お会いした河野さんだって、和歌山県一つとっても、私以上にたくさんのショップさんに実際に出入りした経験をもっておられました。また、そういうショップさんに実際に取材にいって、各お店の本当の生の情報を掲載し始めておられます。

契約だけで右から左に商品をさばくのではなく、仕入先となるすべてのショップやメーカーに必ず脚を運び、顔を合わせて商品を取り扱いするというのは、今まであったようで、あまり無い新鮮な取り組みです。まさに血の通った販売方法です。

そしてそれを大手有名ブランドメーカーに限らず、全国のショップさんの商品まで取り扱おうとするのですから、脱帽。

いただいた資料を見るとオートサロンにも出展されていたようでした。織戸選手のクルマも展示していたんですね、そういや見た記憶あるゾ。こんな会社だったんですね。

ということで、当社も掲載をお願いいたしました。

クルマ業界もそうですが、長く続いたものというのは良くも悪くも変化が乏しくなってきます。そんな時、こういう新しい考え方を展開する会社が現れると非常に刺激を受けます。入社したて、働き始めは、何もかもが新鮮。でも5年、10年、20年と経つと、経験値、知識、技術が向上して、作業効率はよくなっていきますが、同時に、何かちょっと新しいことをしようとする提案や人を見ると、「そんなのムリ」「それはありえない」「常識はずれ」「ばかげている」「知識不足だよ」なんて言葉でやる前に否定するようにもなってきます。

メディアではややもすれば、すぐに「若者のクルマ離れ」を強調します。それを一時は鵜呑みにして間に受けたこともありました。でも、提供する側が「ダメだよ」なんて言い出せば、それはどんな業界でも買う側、受け取る側はもっとしらけます。それに、私自身、毎日営業に廻っていて、いつも刺激だらけ。そんなことは無いんです!

おもしろくするのか、しないのか、それは私自身が決めること。

腹痛に襲われてよかった。おかげであの記事が見れた。アラフィフ、しかも実はクルマに興味の無い私ですが、でもこの仕事、そしてクルマ業界はとても面白いんです! クルマに詳しく無い人間の視点も、実はたまに新商品の開発に役立ちますしね。

モタガレさんにお世話になるとはいえ、私もささやかながらシルクロードのブログ、そして今後予定しているシルクロード通販サイトの担当です! 負けずに頑張ります!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です