JB64 新型ジムニーフェンダー 予定形状決定

大坂なおみ選手、凄かったです。

日本のメディアの過剰反応にげんなりし、純粋な彼女を毒さないでも欲しいと思う一方、世界一という高みに達した人間が、とりつくろわず、等身大で正直に発する、生々しい言葉には、社会で働く私たちがドキッとするものがいくつもありました。

彼女が今回、口にしていた「PATIENCE」(ペイシェンス)。日本のメディアは単純に「我慢」「忍耐」と訳していました。日本人になじみがある表現だと思うのですが、日本人の「我慢」と、欧米人の「PATIENCE」は根本が違うと、英語をかじった私は感じます。

日本人は、「我慢」することそのものに美意識や価値を感じます。それがどんな理不尽なことであっても。結果、戦争ではカミカゼ、最近ではブラック企業で死んでしまう人が後を絶たない。ワタシは日本流PATIENCEには疑問を感じます。

辞典をよく読むと、「我慢」以外にも、「困難なことを達成するために着実な努力を積み重ねること」と説明があります。ワタシは、コーチはこのPATIENCEを彼女に伝えていたんだと確信しています。明確な目的があってこその我慢。日本人はこの「目的」がよく抜け落ちるんですね。

我慢しすぎて熱中症で死ぬ老人、我慢がまったくできず、優先席に悠然と座る若者。う~ん、大坂選手は日本国籍だとメディアが世界に自慢しているけど、彼女は日本では育っていません。だから、純粋で素晴らしい心の持ち主である彼女の存在は、現代の日本への皮肉とも思えてしまいます。

さて、そんなシルクロード、現在PATIENCE中です(笑)

新型ジムニーの部品、たくさん開発したい。そのために、旧型ジムニーJB23も数年前から着手して、新型への対応準備をしてきたんです。でも、型取り車両がまだ入庫しないんです… そして、一番作りたかった商品、ジムニー用車検対応フェンダーですが、すでに他社から発売が開始されています。

9mmワイドフェンダーは当社が近年最も力を入れている商品。

感謝! HA36 アルトワークスオーバーフェンダー キャンペーン 7月のみ

9mm で車検対応(継続車検)、取り付けは基本両面テープ。原則塗装不要。届いたその日にDIYでも装着できるワイドフェンダーというコンセプトはありそうでなかった商品。おかげさまでHA36アルトワークス用は大変な反響をいただきました。

今回のジムニーはまさにその第2弾。あせる気持ちを笑うかのように、大人気のジムニーはなかなか納車されず… 他社さまは涙ぐましい努力で、カッコイイものを発売開始…

そう、そんなときに大坂なおみ選手のプレーを見たんです。まさに今PATIENCEのとき… 「シルクロードさんのを待っているよ」的なコメントもいただいており、今何ができるかといえば、途中経過をお見せすること。まずはオリジナル。

 

HA36アルトワークス同様、スズキは最近の車種はどれもプレスラインを作っています。コレは軽自動車の規定である車幅一杯にボディを広げた上で、なおかつタイヤスペースを確保し、視覚効果に加えて、コストダウンにも貢献する素晴らしい手法。

でも、HA36アルトも同様、このプレスラインが逆にチープな感じにつながっていることも否めません。そしてデザイナーさんも、本来作りたかった形は、シエラを見れば一目瞭然!

そう、プレスフェンダーが完全に隠れるくらい上部にまでフェンダーがかぶっているんです。この本来のデザインに近づけるには、HA36アルト同様、プレスラインを隠すフェンダーを作る必要があります。それを踏まえてできた現在の予定画像が完成しました。

 

ここでキーになるのが、製造方法と材料がFRP整形ではなく、真空整形でのABS素材であること。当社が近年力を入れている真空整形は異常に高い精度がでる手法なので、このプレスラインにぴったりはまり込む形状を製造することが可能。FRPも職人さんによっては可能かもしれませんが、相当難しいといわれています。

また、ラフに使える車、というイメージのジムニーですから、ABSプラスチック材料はうってつけ。純正バンパーなどと同じ材料なので多少ぶつけたって破損することはありません。

そう、後発商品となった以上、二番煎じではない、利点、オリジナリティが必要です。当社ではプレスラインを消すことでのワイルドかつ車検対応な9mmサイズ、なおかつ強靭な材質で作る、という方向性で開発準備をしています。

それだけではなく、すでに完成しているビッグローターキット、シミーキャンセラー、ラテラルロッド、ダウン車高調など、多彩な商品が販売開始、または開発中。

新型ジムニー いよいよ! パーツ開発準備中!

よし、ちゃんと新型ジムニーというクルマと向き合えている!

「大丈夫、大丈夫、お前はできる、出来る子なんだ」

ワタシ、ホモっ気はありませんが、大坂選手のあのイケメンで優しいドイツ人コーチが、優しくまっすぐに彼女の目をみて、彼女を勇気付けるシーンを見て、 ”惚れてしまうやないかー!” 状態でした。ワタシもあんな男性だったらモテるんだが、実際は程遠いな…

とにかく ”急がば回れ、急いては事を仕損じる” です。デジタル、ITの急な発達で、どうも私自身もせっかちになっていたような気がします。あせるときほど深呼吸。

そう、オレは出来る子だ、素敵だ、よく頑張ってるよ…うっとり…(自分しかほめる人がいない)

「社内でいつまでグダグダしとんじゃ!営業マンはとっと営業に行って来い!」

社長が怒鳴ってるョ… は~い…(´・д・`) 

 

13件のコメント

  1. 10月初旬に納車予定です。ホイールが11月の後半に製造納品されるので11月中ぐらいに販売して貰えたら凄く嬉しいです。期待して首を長くして待ってます。

    1. ドエスもんさま

      コメント、ご期待、ありがとうございます!
      11月中とまでご指定…ドエスです…(笑)

      当社のHA36用フェンダーは8月に型取りをはじめて、10月ごろに試作品があがり、11月末から販売でした。今回は、一ヶ月おくれの9月に入ってもまだジムニーが入庫しておらず、10月スタートになる可能性が高いです。そうなると、試作品をご披露させていただけるのが11月末、量産が年末となる計算をしております。

      ご希望に添えないかもしれません。それもこれも、新型ジムニーの人気が異常なため…嬉し悲しですねえ… とにかく入庫しだい、最速でいきます!(作るのは私ではないんですが…)

  2. 期待してます♪
    現在ジムニー納車待ち(多分年明けかなぁ)ですけど、フェンダーが発売されましたら先に購入予定です(*^^*)
    サイドステップも開発してくださると嬉しいですけど(笑)

    1. 村本さま

      サイドステップ、確かに必要性を感じております!
      シエラのフェンダーのかっこよさは、サイドステップがあってこそです。

      やる気は全開!ただ、予算次第ですが(笑)
      フェンダーだけでオーバーしちゃったらどうしよう…でも、必要だというご意見いただいたからには、やる方向ですすみます!

      メッセージありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です