H200ハイエース リフトアップキット 今後の展開

届きました!

ハイエースパーフェクトブック2021!

20年ぶりの雑誌広告、ならびに取材。

それがまさかのハイエース。

創業から47年、競技パーツが中心でしたからなんとも不思議。

編集長から与えられた素晴らしいサブタイトル。

ラリー、ダートトライアルから始まり、色んなジャンルの部品を製造販売してきました。

47年間の経験値と技術が活かされたキット。

車高の「上げ」「下げ」だけならシャックルだけでも可能。

けれど、貨物車特有の乗り心地を改善するため、ヘルパーリーフも開発。

組み込むことで、純正リーフスプリング同士の摩擦を軽減し、サスペンションの動きを改良。

シャックルブッシュも自己潤滑性の高い材質に変更。

ハイエースリア特有の突き上げ感や不快感を軽減。

フロントは純正トーションバーの締め上げで車高は上がります。

けれど、調整ナットが固くてインパクトレンチに頼るケースが多い。

その場合、ボルト側がダメージを受けてしまい、最悪、破損につながり危険。

インパクトを使わなくても調整できるように、ベアリングナットをキットに組み込みました。

車検についても配慮。

4ナンバーを維持したいユーザーのための20mmアップキット。

シャックルを使わない増しリーフ方式で、手続き不要で継続車検対応。

40mm/50mmアップするキットは、シャックルの構造変更が必要。

これについても、検査前の改造申請が不要になる書類を有償にて対応。

リフトアップキットなのだから、車高が上がるのは当然。

走行性能、乗り心地まで配慮するのがサスペンションメーカーとして基本的な仕事。

純正部品を極力活かし、車体へのダメージを最小限に抑え、耐久性にも配慮するのが当社流。

開発コンセプトは日常性で、ドレスアップイベントで表彰台を狙うことではありません。

毎日の通勤、職場、週末のレジャーの移動が主なユーザー向けのリフトアップ。

「ライフスタイルに、ちょうどいい。」を目指したキット。

広告の製作会社は福岡県のアスリープラニングさま。

「いかにも”改造パーツ!”っていう広告にしたくない」

という、改造パーツ会社からのリクエスト(笑)。

快く対応してくださりました。

http://himaru.jp/ (お問い合わせ欄あり)

当社の思い描く商品コンセプト。

口頭で説明すれば、作文レベルの長さ。

それを理屈ではなく、一目見ただけで視覚イメージさせてしまう広告のチカラとプロの技術に感動。

中学生のころ衝撃を受けたSONY初代カセットウォークマンの発売とそのCM。

アラフィフになった今もCMを鮮明に覚えており、結果、現在もSONY愛好家であり続けている事実。

今回の広告同様、実体を伴わないデザインが生み出す価値を再確認させられました。

次回の依頼内容は決まっています。

真空成形ABS外装シリーズの第8弾、ハイエース用スプラッシュガード。

サイドパネル、フロントガード、リアバンパーガード一式のキットで、来週から開発開始。

日本人の7割がIPHONEという時代。

ワタシはSONY一筋。

現在、タブレット3台、スマホ4台所有している信者。

初代カセットウォークマンを所有して以来、SONYウォークマン一筋です。

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1262230.html

ジョブズもSONYデザインをリスペクトし、相当意識していたといわれています。

その彼が他界してしばらくしてからの最近のアップルデザイン…(俗称ボトムズレンズ)。

もちろん個人の主観ですから、アップル派の方々、怒らないでくださいね。

日本市場の勝者はIPHONEで間違い無いのは誰もが認めるところ。

今月、いよいよ新型の発表。

基本サイズは同じながら望遠レンズが強化され、メモリ最高12GB、ストレージ512GB、という噂。

バッテリー5000mAというリーク情報が本当なら、買う以外に選択肢が無い…

R34GT-RからG35GT-Rへの進化レベル。

年末にXPERIA1iiを約10万円で衝動買いし、小遣いゼロ円。

年始から、いつものランチ貯金を再開。

家人にはモダン焼き(お好み焼きの具材として焼きそばをいれる関西流)。

ワタシは残り物詰め合わせ弁当。

初老なので朝4~5時には目覚めています。

その時間を有効活用。

夕食の残りもの、大量にやってくるもらい物、賞味期限が過ぎたものを処理。

なので原価はゼロに近い。

弁当を買っていたら、一日¥500 × 2食 = ¥1000を消費。

自作なら¥1000 × 20日間(1ヶ月) × 6ヶ月 =¥120,000円が貯まる。

6月の新型XPERIA発売に間に合う!

マクドナルド社からの攻撃(誘惑)に耐えられたらの話…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です