ハイゼット ローダウン リーフスプリング お手軽交換編!

チョイ上げキット、いわゆるリフトアップキットを開始した4~5年前は、当社がメインであるスポーツ走行、ドレスアップ業界とは異質で、コアなマニアの業界のイメージが強いものでした。

 

 

 

 

ハードな3~5インチアップなんてざらで、改造も大掛かりでショップさん主導、車検へのハードルも高く、気軽に入りにくいイメージがありました。

こんな楽しい業界、もっと広まって欲しいということからチョイ上げパーツを開始。低予算で気軽に楽しめ、車検にこだわって製作した商品が売れ続けてくれており、嬉しく思っております。

ハスラーなど2万円から楽しめるものが満載です。

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/suspension/project-liftup

 

 

なんと、最近は海外でも日本の軽トラが人気だという話を聞きます。やはり外人が弄るとまた違ったアプローチで、魅力的です。

http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-192.html

 

 

 

 

軽トラックの車高の上げ下げにおいて、一つのハードル、というか問題になるのがリーフスプリング。

 

 

 

 

普通車の多くが採用しているサスペンション形式であれば、大抵コイルスプリングであり、こちらは車高調に変更した場合は、汎用スプリングで車高やレートを自由に選択しやすくなります。値段も安く、多くのメーカーが取り扱いをしており、購入も簡単。

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/suspension/sus_strspg

 

 

 

ところがリーフスプリングについては、板バネと呼ばれる特殊な形状で、製作できるメーカーは日本でも数少なく、製造ハードルの高さのため、市販されているものは非常に少ないのです。

 

 

 

値段も、リア一台分で相場は3~4万円するイメージがあります。ダウンサスが前と後ろ一台分で、実売1万円というのものが増えていることからしても、相当割高に感じます。その上、コイルスプリングの外品への交換は基本車検OK、リーフは原則車検アウト!

今回、リフトアップに続きローダウンリーフの販売となり、テスト装着をしているところをみて、「ええええッッッ!? J〇J〇! これはなんだァ? これって、とても簡単じゃあァないかァ(岸〇露伴風に)」と、下手すりゃパンクしてスペアタイヤ交換ですらJAF呼びそうなワタシが、驚くほど交換作業は簡単だったのでご紹介いたします。

動画① リーフをはずす

はずすところですが、要は、すべて普通のボルトをはずすだけ。大きく3箇所あるのですが、それをはずすとスポンとハズれます。

社内の開発担当者(別名:破壊王)とはいえ、片側は実質5分ほどでした。

 

 

動画② リーフを分解、組み立て

通常、片側丸ごと交換で販売されているリーフですが、当社はその中の一枚を組み替えにしています。コストが三分の一になり、なおかつ送料が通常サイズになるからです。

けれど、組み換えってなにやら面倒臭そうと思いきや… これが意外!

 

あとは、組みなおしたものをもう一度動画①の逆に組みなおすだけ。きっちりとは計測しませんでしたが、リアのリーフ交換だけなら、手馴れていると30分かからないイメージでした。使う道具も普通の工具。というか基本ボルトの脱着のみ。

当社のリフトアップキットなんかも同様に簡単ということですね。

フト思い出したのはダウンサス。ダウンサスの組み換えだと、コイルスプリングを専用工具や、ケチなら荷造りバンドで縮めてから交換するんですが、あの作業のほうが面倒でした。その上、バネを横着してコンプレッションかけずにマウントの頭をいきなりはずしたときの、あの破壊力。知り合いは〇ンタマもう少しで粉々になるところでした。

なお、当社のダウンリーフスプリングは、

定価¥18,000。  送料は通常サイズ(本州で¥900~¥1,000くらい)

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/suspension/sus_lowd

この商品も国産です。納期、品質、安全を求めると、どうしても日本製になります。正直、当社は価格競争において、市場では負け組みになりつつありますが…

 

¥3,000追加すると、構造変更通知書が発行可能です。リーフスプリングは基本交換すると車検NGです。

 

 

 

 

強度検討書が添付されている商品ならば、それをベースに強度を証明する書類を計算式を作って製作し、車検とは別の日に検査官と打合せをし、OKがもらえたら、ようやく車検にいけます。でも、この手順と手間だと、ショップさまなどに依頼すると断られることもあれば、OKでも無料ではやってもらえません。書類製作したり、わざわざ軽自動車検査協会に1度出向く移動や拘束時間を考えると、金額はわかりませんがそれなりのものが必要です。

この書類は、それをすでに済ませたものとなり、車検時にもっていくだけで構造変更の許可がおります。

さて、今日はココまで。

次回は、フロントの純正ショックとマウントを流用した車高調キット(こちらもビックリ価格)の装着動画と、最後は乗り心地検証テストの様子をご紹介いたします。

 

 

 

 


続きはコチラ!

ハイゼット ローダウン 純正ショック車高調変換キット お手軽交換