HA36 リアウイング マッチング @ M-STYLE (アルトワークス リアスポイラー)

いよいよ発売間近!

HA36アルトワークス/RS用の延長ウイングの最終サンプルが完成しました。

「今更、アルトのウイングなんてねえ。カッコいいものがたくさん販売されているじゃん」

と思われると思います。確かにその通り。ただ、大きくてド派手でカッコいいのが主流。個人的には大好きなヤツです!でも、あまり主張することを好まない人もいるだろうし、そういったウイングを装着するには、クルマ自体の車高や外観をある程度弄ってないと、似合わないことも多いということもいえます。

純正風で、さりげなく少し大きくなってくれたらなあ… そういうお客様向けに企画した商品です。純正を1.5倍にしたようなサイズです。しかもダックテール形状にしてありますので、ダウンフォース量もしっかり増えています。純正は少し尻下がりなので、それも解消されます。車検に通る高さと幅にしてあります。

それだけではありません。大きなメリットとしては、装着の負担軽減が図られています。

当社で純正ウイングを一度外したことがありますが、とてつもなく大変… ネジ2か所で留まっているだけだと思いきや、とんでもなく強固な両面テープのようなもので装着されており、時間も労力もとんでもなく、しかも外した後のグチャグチャになった糊の跡を見ると悲しくなります。

それにFRPウイングだと基本的に塗装必須で、追加数万円単位の値段がします。また大きくなればなるほど、大抵、重くなっていきます。純正を外し、塗装し、装着する時間も相当かかります。

当社の真空整形でつくられた商品であれば、器用な方なら装着は十分できるレベルです。だって、純正の上からかぶせて両面テープで留めるだけ。カラーも純正の前後バンパーなどで使われている質感に近いマットブラックなので、塗装不要です。純正のウイング同色にしたい場合は、塗装可能なABSタイプも別途用意しております。そして何より非常に軽い。車重を大きく増やすことはありません。延長カバーになっていますから、中身はほとんど空洞なのですから。

今回は、白のアルトワークスをM-STYLEさんで発見! 慎重に軽く合わせてもらいました。

撮影協力者は宮社長。もともと大阪の超有名なとあるアルテッツアとトヨタ旧車の専門店の社長もしていた人で、独立後は一般修理整備工場を経営。チューニング好きなので、お客さんからもチューニングやドレスアップ依頼が多く、年に数回は走行会も主催しています。

https://ja-jp.facebook.com/koutaro.miya

「ガチでええやん」とのこと。

私個人はこのローからのアングルがお気に入りです。イイ!

マットブラックは白のボディにも良く似合う! 「純正オプションみたいやなあ~」とのこと。

 

前回のガンメタボディにも良く似合っていたし、販売中のワイドフェンダーにも完全マッチ! 赤ボディにもあわせてみたい!

予定価格は¥29,800-(税別)。

ちなみにこいつは、シュピーゲルさんのNAアルト用フェンダーと、当社のこのウイングの幻となった最初のプロトタイプです。東京オートサロンに搬入直前で、ウイングが諸事情で粉々になりました(笑)

残ったのはこの写真だけ…

リフトアップの提案、すごく反響があるそうです、シュピーゲルさん。

発売予定は、2月末~3月ごろ。

それまでにトータルチューンワークスさんにて、新色フェンダーに続き、今度はこのウイングの撮影をご協力いただきますので、改めて装着した全体写真などを公開させていただきます。

トータルチューンワークスさん x HA36 フェンダー 新色 (TOTAL TUNE WORKS)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です