怒涛の週末 これでリア充人たちの仲間入りだ(笑)

オジサンな私、SNSをやらないので、「リア充」という言葉を最近まで知りませんでした。 「りあじゅう」=「リア獣」と思っており、なんかのモンスターだと思っていました。

私以外の皆様はご存知でしょうけれど、改めて説明すると、現実のリアルな普段の生活が充実している人をそう呼ぶそうです。なお、当社のSNSは、アナログなワタシが書いたブログを自動転送する仕組みにしてくれているので、私は自分でSNSにアップしたことはありません。

これをFACEBOOKなんで、ワタシ世代のそこそこ金を使える人たちが、高級車や高級な趣味、高級なバッグや服装、高級な飲食店の写真を自慢のためにアップしているため、うんざりした若者がFACEBOOK離れを起こしているそうです。私も同感。人の自慢話を聞けるのは、さらに裕福なヒトだけ。貧乏暇無しの私には自慢話を聞かされることほど嫌なものはありません! 私は陰口、皮肉が大好物!! 人の不幸は蜜の味!!!

でも、今週末はちょっぴりリア充だったんです! 自慢させてください。

金曜日、朝7時からブログしたためて、8時から会議… 9時に会社を飛び出して、京都と大阪の境目にある高槻市のバランスさんへ!!!

https://ameblo.jp/balance-ap

なんだよコレ(汗) 駐車スペース敷地内も、外もパンパン。ま、配達だけだから荷物おいて逃げよう。

イベントが連続してあるようで、その上にお客さんも大量に来店中。ピット作業もパンパン。作業が鬼のように早い山崎さんが作業量で四苦八苦しているのはあまり見たことがありません。

忙しすぎて、ドタバタしているようで、「いいところに来た!これ来週金曜日までお願い!」ととんでも無い無茶な仕事を降られ、さらなる難題を避けるために逃げるように撤退…

そこから1時間、今度は兵庫県神戸市の尼崎のパワーハウスDTMさんへ配達!すげえハイゼットとまってるなあ、と後からお伺いすると全国的に凄いやつのようです。リアは5リンクアームとコイルスプリング仕様になっているモンスターマシン。

http://powerhousedtm.com/

パクチー大王、ヨシユキ氏も作業に追われています。

「なんや、今日はそわそわしてんな。なんか用事あるのか?」と郡山社長。大ベテランは営業マンの行動も良く観察しておられます。そうなんです、今から関空へ向かうんですよ。

「海外か。なんかイベントあるんやな」。 さすが。その通りです。商品の展示会です。DTMさんを2時過ぎに出発し、そのまま関空へ…

会社をでて夕方にはこの状態。となりはイーカスタムの鶴和社長。ワタシが海外に行くときには、M-STYLEの社長なども便乗で同行。皆さんは仕事にはあまり関係なく、バカンスです(笑)

ちなみにこの座席、ビジネスです! とはいえ、そんなリッチな出張は会社から許可でるはずもなく、ちゃんとカラクリがあります。LCCなのです。普通、LCCにはビジネスクラスはあまりありませんが、SCOOT AIRという会社にはあります。関空⇔バンコクは、JALのエコノミーが安いのですが、それでも最安値で5万円~7万前後くらいします(格安チケットで)

ところがSCOOTだと、ウェブサイトから直接購入で、ビジネスクラスがなんと49,000円台なんてこともあるんです。7万円までならJALエコノミーと同じ位。しかもエコノミーなら最安値は2万円台。

スチューワデス(キャビンアテンダント)さんも素敵な衣装で愉しませてくれます、てなわけは無く、今日はたまたまディズニーのイベントの日だったようです。

バンコクまでは約6時間の長旅。タイランドといえば、ウルルン滞在記のようなイメージで、わらぶきの屋根、ジャングル、水上マーケット、お寺、キックボクサーが思い浮かびますが、初めて行ったときには度肝を抜かれました。首都バンコクは大都会。人口は800万人を超えており、大阪と同じ位で、高層ビルや商業施設の数やレベルは大阪よりも東京並みで、東京を大阪サイズにした大都市という感じです。

時差2時間なので、到着は夜10時ですが、日本ならもう深夜。

一泊4500円のホテルに到着すると、なんと、ファインオートサービスの松岡社長! 実は、彼も展示会見学に来るということだったので、現地合流。

次の日、一緒に展示会へGOです。不思議な光景です。イーカスタムとファインオートサービスが一緒にクルマに乗るなんてことはありえません。これも展示会という名のバカンスのおかげ。でも、こういう機会を通じて色んな業界の方と数日飲食を共にすると、日本に帰ってから、お互い商売抜きでのお付き合いが始まり、最終的には良い商品の開発にも繋がることがあります。

ファインの松岡社長とは台湾のショーが出会いでしたし、ヨンヨンジーのヨシタクさんと知り合ったのも中国の展示会。他にもシュピーゲルさん、3UPさん、JAWS山本さん、川居相談役(カワイ製作所)なども同行させていただきました。視察旅行ときけば遊びに行くようなイメージもありますが、現地のショーを見るだけでなく、普段なら不可能な、離れたショップやメーカーさん同士が、数日間ゆっくり話しあえる時間がでるという副作用が起きるのです。

だから、出不精なワタシも、海外の展示会の見学ツアーなどは利用しています。

今回の展示会は、売り込みの話だったので割愛(サボった言い訳じゃないっす) 昼ごはんは、餃子がとんでもなくおいしいお店にいきました。バンコクのSILOMというエリアが近いなら超おススメです。

http://4travel.jp/overseas/area/asia/thailand/bangkok/restaurant/10335890/

初めてこの店に来たというファインの松岡社長が「ナニ食べても旨い!」とほめてくれたので嬉しかったですね。

タイランドといえば、タイ料理、トムヤムクンやグリーンカレー、そして私の苦手なパクチーのイメージですが、実は中国とも国境があるので、中国人というか、中国系タイ人が非常に多く、中華料理が充実しているのです。安いのですが、ありえないくらいおいしい。日本でのこってり中華でもなく、ビールがとっても合うメニューが豊富。

中国では焼き餃子は基本的にありませんが、この羽根突き餃子は、日本の餃子よりもハイクオリティ。ビールを1人5~6パイは飲んで、10品くらい頼んでも、一人¥1500くらい。幸せです。

昼からも仕事をして(笑)、ハイ、もう夜です。一応、通訳をさせていただいたことのお礼だと、最終日の夜はお肉を奮発してくれます。タイは、世界から色んな人種があつまるアジアのアメリカのような国です。欧米人も非常に多く、イタリアンやフレンチレストランも、本物がたくさんあり、高級な日本にも無いクラスのホテルが乱立しています。

 このお店は、高級ステーキレストラン、El GAUCHO。日本じゃほぼ見ることの無い、アルゼンチンレストラン。

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293916-d3443368-Reviews-El_Gaucho_Argentinian_Steakhouse-Bangkok.html

熟成肉がとんでもなくおいしい。日本で同じレベルのステーキを探すと、恐ろしい金額になることは間違いありません。

今日は、1キロのお肉を注文してくれました! イエーイ!

なんとも優雅な週末です…

そして仕上げはバー。バンコクの凄さは夜の、スカイバーです。市内のあちこちの高級ホテルが夜、経営しているバーは、日本じゃありえないオープンテラス。安全上、絶対させてもらえないでしょうけれど、その開放感は尋常じゃありません。

http://www.lebuaindia.com/jp/the-dome-dining/sirocco-restaurant/

観光では寄ってくれることの無い場所です。

で、翌日の日曜日は、なんと朝6時半にホテルを出て、空港へ… 眠い…

はい、気付けば、多分淡路島が見えてます…

私たちは日曜の夜に自宅へ到着。ファインの松岡社長は今朝、7時ごろの到着便で、もう全員仕事しています。時差2時間は微妙にダメージでかい。金曜日スタートで、あっという間の3日間。やはり貧乏暇無し。平日に海外出張すると仕事に穴が開くし、安い便を選ぶとどうしてもこういうスケジュールになるんです。

私は、個人のお金で遊びに行くことは難しいですが、仕事で色々調べていると、海外って意外と安くいけるなと感じています。

旅費がエコノミーなら2~3万、食費は飲み食い派手にしても一食1000~2000円。ホテルも5000円前後。って、これなら新幹線で大阪から東京行くのと変わんない! リア充でしょう? (なんか使い方間違っているような気がする)。

関西人だからどうしても「安い自慢」になっちゃうんだよな。

だいたい、関西人が、「これ、いくらしたと思う?」って自慢げにきいてきたら、高い目に言ってあげてください。喜びます。誰よりも安くモノが購入できたことが自慢なんです。だめだ、やっぱり私はリア充にはなれない… (っていうか、リア充を理解できていないような気がする)

あ、そうだ、今週、新商品発売開始です! とはいっても、発売前に完売で在庫ないですが…

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/brake/br_jimny

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です