JB64 新型ジムニー リフトアップ 費用 ってどれくらい?

このAUTO FACTORY x SILROAD ジムニーを作る費用は、いったいいくらでしょうか?

この記事に掲載しておりますので、ご参照を!

JB64ジムニー サイド出しマフラー 発売開始!


当社ブログでの検索キーワードを確認すると、

「JB64 リフトアップ 総費用」的なものをしばしば見かけます。そのお気持ち、よーくわかります。

1インチ、1.5インチ、2インチ、3インチや、ショック延長ブラケット、ブレーキホース延長、といった、従来のドレスアップ、チューニング、ミニバン業界では聞きなれないワードが多い。

以下、あくまで当社製品の場合です。

●25mm(約1インチ)~40mm(約1.5インチ)なら、

ずばり、商品代税別定価¥38,000+取付工賃。これで十分。

この調整スペーサーを、を以下のように純正スプリングの上に追加するだけです。

調整幅が10mmUPから40mmUPまでありますが、25mm~30mmくらいが快適ゾーン。

数値上、40mmまであがりますが、ショックの突き上げ感が発生し始めます(走行は可能)。

リフトアップサス(スプリング)が王道パーツで、価格もこなれていますが、弱点があるとすれば、任意で車高を調整出来ないこと。特に、尻下がりや前下がりなど、ヒトによって好みが違いますし、グレードや重量違いで前後バランスがうまくいかない場合も、当社の調整式なら安心。

装着するタイヤ、ホイルによって車高が上がりすぎた場合も、調整できるというメリットもあります。

25mm~30mmくらいでも、ノーマル車高が高いので、車高変化は感じられます。

当社キットは、ショック、スプリングは純正をそのまま活かすので、乗り心地も純正とほぼ同じ。

一旦、この状態で乗ってみて、タイヤの左右の出面が気になるようならラテラルロッドを入れたり、

JB64ラテラルロッド 発売開始 強度重視!

ヘッドライトの光軸を調整するステーを入れたり、

光軸調整ステー JB64ジムニー追加! AFS、光軸調整ってナニ?

乗り心地をスポーティーにするならショックアブソーバーを入れてもいいかな、ってところ。すべて、当社で販売しております。もちろん、必要性を感じないなら、ズバリ、不要。

http://www.silkroad-jp.com/home/portfolio-2/jb64w

なお、当社のキットで、マックス40mm程度(1.5インチ位)で走行していると、段差などで突き上げ症状が気になる方が出てきます。その場合、以下のキットをお勧めしています。

ショック延長ブラケットセット(ABSステーとエアホース込み) ¥26,800

延長ブレーキホース ¥14,800。

先ほどの¥38,000のキットに、この商品を組み込めば、快適性が上がります。(逆を言えば、気にならないなら不要)

注意点は、ジムニー業界では昔から、説明無しで販売されていることが多いのですが、ショックアブソーバーを長いものに変えたり、延長したりする場合の注意点がほとんど無いこと。スプリングの長さがいくら変わっても問題は無いのですが、ショックアブソーバーを延長すると、上記の通り、ブレーキホース、ABSセンサーホース、エアロッキングハブホースなどに問題が発生します。リフトアップをすれば必要ではなく、「ショックアブソーバーを伸ばした場合」のみ、これらの対策が必要です。車高があがれば即必要でも無く、

この車両、純正テッチンタイヤホイルで、当社キットでマックス40mmアップした状態。

これだけでもかなりの迫力。

以下、乗り心地インプレッションです↓

当社のキットはあくまで一般ストリートでの快適性を重視したものです。

岩を登ったり、悪路を走破するサスペンションと、一般道を快適に走行するものは、相反する性能。

本気の競技でのトライアルなどであれば、ジムニー専門店さまの専用サスペンションがおススメ。

ローダウン系でも、サーキット競技用と、一般ストリート用はスペックも乗り心地も違うのですから、使用用途に応じたものを購入するのが最善。

では、40mm以上、いわゆる2インチ、3インチと呼ばれるものはどうなのでしょうか。コストという制約の元においては、最大限のリフトアップ量は40mm以下が推奨だと、”個人的”に思っています。

理由① 40mmを超える車高の変更は、装着するパーツや装着方法によって、記載変更や構造変更、その他クリアしなければならないものが出てくる可能性があります。そうなった場合、コストが上がります。

指定部品であるショックとスプリングの部分でのリフトアップは、40mmを超えてもお咎め無し、というケースも事実あります。ただ、最近は、ディーラー様がかなりシビアで、過度なアップの場合は、店側の独自判断で、入店出来ないケースがあるそうです。新車購入直後のジムニーにおいては、気になる部分。

理由② JB64ジムニーでは、40mmを超えた当たりから、プロペラシャフトと、上記写真の追加クロスメンバーとの干渉をし始める可能性がでてきます。

このメンバーを外すなら無料ですが、JB64の売りの剛性が落ちてしまいます。ヒットを避ける形状のものも販売されており、当社も制作予定はしておりますが、追加費用がかかってしまうことになります。

理由③ 40mmを超えたあたりから、駆動系の耐久性への影響を考慮すると、このあたりがマックスだと思われます。

車高を上げれば上げるほど、当然、駆動系、タイヤの位置を補正するパーツ、その他対策品がドンドン必要になります。壊れないように対策品を追加すると、当然コストが上がるし、車検通過の対策部分も増えてきます。

CANUSさんのように、アジアンラリーやトライアルで本気で戦うショップが扱う、超絶ハイリフト、カッコイイ!構造変更取得し、一般道走行可能。悪路なんてへっちゃらだし、見た目の迫力も段違い。同時に、色んな対策パーツが組み込まれ、それなりに費用がかかっています。

もう一つ、JB64ジムニーのコスパに優れたカスタムパーツがあります。それが当社のABSワイドボディキット。

キャナスさんが装着してくださった8PCタイプなら、¥49,800(税別)で、塗装不要、しかも取り付けも両面テープと純正のクリップを使っての簡単装着。

当社は45年前はラリー、ダートトライアルで産声をあげた会社。なので、古参メンバーはSJ30や、JA11などを楽しんだ世代もいてジムニーには詳しいのですが、ワタシは20年ほど前の、シャコタンブーム入社世代。リフトアップキットを販売することなんか予想だにしておらず、慌てて勉強中。

「費用がどれくらいかかるのか?」というご質問の背後には、「一体何がどこまで必要なんだよ」という不安があるのでは、と勝手ながら推測しております。

当社としては、できるだけお客様にわかりやすい商品説明を心がけておりますが、些細な事でも構いません、気になることはブログコメントなどで質問いただければできる限り対応します。

昨日からお盆明けで、仕事再開しておりますが、今週末までお休みのところが多いみたいですね。安全運転、事故の無いようお戻りください。