JB64 新型ジムニー リフトアップ 費用 ってどれくらい?

当社ブログでの検索キーワードを確認すると、

「JB64 リフトアップ 総費用」的なものをしばしば見かけます。そのお気持ち、よーくわかります。

1インチ、1.5インチ、2インチ、3インチや、ショック延長ブラケット、ブレーキホース延長、といった、従来のドレスアップ、チューニング、ミニバン業界では聞きなれないワードが多く、何をどこから初めていいのか、費用はどうなるのか、不安になります。

以下、あくまで当社製品の場合です(注意:工賃等はわかりません。DIYならゼロでしょうけれど、プロにお任せすべき)

●25mm程度(1インチ位)なら、商品代税別定価¥38,000+取付工賃(ダウンサス+アルファの取付技術)

コレを純正スプリングの上に追加するだけです。調整幅が10mmUPから40mmUPまでありますが、あくまで25mmくらいまでが、対策品無しで快適なゾーン。

ノーマルの車高が元々高いですから、25mmくらいでも、車高変化は感じられます。乗り心地も純正とほぼ同じ。

ブレーキホースなども不要、基本的に何もいりません。一旦、この状態で乗ってみて、気になるようならラテラルロッドを入れたり、光軸調整ステー、乗り心地をスポーティーにするならショックアブソーバーを入れてもいいかな、ってところ。

●40mm程度(1.5インチ位)なら、商品代税別定価、¥38,000+¥26,800+¥14,800+工賃(車高調交換+ブレーキホース交換工賃程度)

先ほどの¥38,000のキット+上記製品+延長ブレーキホースという内容です。

スプリング側で40mm程度上げていくと、ショックアブソーバーが突っ張り始め、乗り心地が悪くなりだします。40mm近くなると、段差での突き上げが発生します。

対策としてショックアブソーバーを伸ばすと解消されます。ただ、ショックアブソーバーを長くすると、2WD、4WD切り替えホース、ABSセンサー、ブレーキホースが突っ張って危険。コレ一式で安心してお乗りいただけます。

純正テッチンタイヤホイルでも40mmアップすれば、かなりの迫力。何か特別な競技にでも出ない限り、これで十分かな、と思います。

ラテラルロッドは車高変化させるなら是非装着をおススメするアイテム。今回、ラテラルロッドは含めていませんが、アライメントを考えると、40mmくらいでは準必須アイテムだとお考えください。

乗り心地インプレッションです↓

もちろん、ぶっ飛ばしたり、トンでもない悪路でテストはしておりません。あくまで一般ストリートでの快適性を重視して、今回のリフトアップキットを制作していますから。

本気の競技でのトライアルなどであれば、ジムニー専門店さまの専用サスペンションがおススメ。ローダウン系でも、サーキット競技用と、一般ストリート用はスペックも乗り心地も違うのですから、使用用途に応じたものを購入するのが最善。

では、40mm以上、いわゆる2インチ、3インチと呼ばれるものはどうなのでしょうか。コストという制約の元においては、最大限のリフトアップ量は40mm以下が推奨だと、”個人的”に思っています。

理由① 40mmを超える車高の変更は、記載変更、もしくは構造変更の手続きが必要になってきます。当然コストは上がります。

理由② JB64ジムニーでは、40mmを超えた当たりから、プロペラシャフトと、上記写真の追加クロスメンバーとの干渉をし始める可能性がでてきます。

このメンバーを外すなら無料ですが、JB64の売りの剛性が落ちてしまいます。ヒットを避ける形状のものも販売されており、当社も制作予定はしておりますが、追加費用がかかってしまうことになります。

理由③ 40mmを超えたあたりから、駆動系の耐久性への影響を考慮すると、このあたりがマックスだと思われます。

車高を上げれば上げるほど、当然、駆動系、タイヤの位置を補正するパーツ、その他対策品がドンドン必要になります。

CANUSさんのように、アジアンラリーやトライアルで本気で戦うショップが扱う、超絶ハイリフト、カッコイイ!構造変更取得し、一般道走行可能。

でも、それなりに費用はかかります。

もう一つ、JB64ジムニーのコスパに優れたカスタムパーツがあります。それが当社のABSワイドボディキット。

キャナスさんが装着してくださった8PCタイプなら、¥49,800(税別)で、塗装不要、しかも取り付けも両面テープと純正のクリップを使っての簡単装着。

当社は45年前はラリー、ダートトライアルで産声をあげた会社。なので、古参メンバーはSJ30や、JA11などを楽しんだ世代もいてジムニーには詳しいのですが、ワタシは20年ほど前の、シャコタンブーム入社世代。リフトアップキットを販売することなんか予想だにしておらず、慌てて勉強中。

「費用がどれくらいかかるのか?」というご質問の背後には、「一体何がどこまで必要なんだよ」という不安があるのでは、と勝手ながら推測しております。

当社としては、できるだけお客様にわかりやすい商品説明を心がけておりますが、些細な事でも構いません、気になることはブログコメントなどで質問いただければできる限り対応しますし、それがまた、当社の勉強にも繋がると思っております。

ちなみにFACEBOOK、TWITTER、INSTAなどはワタシ個人はやっておらず、ブログが自動的にアップされているだけですので、コメントいただいても返信できません。(ベ〇キーのせいです(笑))

昨日から仕事再開しておりますが、今週末までお休みのところが多いみたいですね。安全運転、事故の無いようお戻りください。