新型ジムニー いよいよ! パーツ開発準備中!

新型ジムニー 最新情報はコチラ!

JB64W 新型ジムニーマフラー完成!?  S660、スーパーキャリー、XBEEもパーツ鋭意開発中!


昨日、大阪北部の震源地に近い高槻市に営業に。乱れた店内の写真撮影は、個人的に抵抗あるのでしてません。ご了承ください。

結局、お取引先は大きな被害無し。その他の関西営業マンの先も無事で、とりあえずホッとしました。これはイーカスタムさんから送られてきた写真。

「大事なストックの酒がわれた~」という程度。

ただ、報道にあったように、なくなられた方がおられ、特に幼い命が奪われたことは、同じ年代の子どもの親として非常にショックです。

高槻市内は報道通り、一部、道路の破損、断水などありました。でも、そうでもないエリアが大半。ところが、高槻市内のコンビニ商品は空っぽ…交通弱者のためにも、買い占めに走らせるような、視聴者を過度に脅す報道は控えて欲しい。奈良市内から一時間足らずで普通に高槻市内に入れましたもん。報道は客観性、正確性、中立性が重要。最近は偏りすぎ。

1999年、台湾での大地震に当社の代表が巻き込まれときの話です。

「阪神淡路大震災並みの被害だった。でも地震の発生直後から助け合い、ガレキの中で屋台やマッサージ店、販売店がテントなどがすぐ仕事を再開。『国の助けはどうなっている』『援助物資はどうなった』なんて不平不満がない。やるべきことを実行する姿、困難なときだからこそ商売を頑張る姿勢に感動した。日本なら逆に非難する人もおるやろうな」

ということで、私も仕事モード!

スズキ自動車がいきなり公表!新型スズキジムニー! しかも発売は翌月!? かなり前から予約していたショップ様も、

「突然だった。年内とはいわれてたけど、販売店の担当者すら直前まで教えてくれなかった」

とのこと。

スタイリングは温故知新!シエラと軽のジムニー、今回は悩むヒト多そうですね。このワイドフェンダーのシエラは予想されていたように、ベ〇ツのGにクリソツ。

欲しい、物欲が刺激される… 1.5Lターボ! 現行スイフトが1.6Lで140馬力。 1.5Lは現在のスズキにはありませんが、初代スイフトスポーツが1.5Lで115馬力。このエンジンがベースと仮定し、進化したら、120馬力以上にはなるはず。でもNAになると仮定して100馬力くらいとしても、車重が1トンくらいならばっちり!

軽自動車だからこそ、ジムニーらしい!っていう人も多い!

すっきりとした外観が、潔く、JA11を通り越し、SJ30まで先祖返りした感があります。シエラとちゃんと差別化できているのに、チープさがない。こちらのエンジンは間違いなく現行アルトワークスと同じRA06A。すでにパワーが出ていることは折り紙つき。しかもアルトワークスのチューニングのノウハウが使えそうです。

あらためて新型ジムニーのフェンダーの画像を見て確信しました。「オーバーフェンダーは必要だ!」と。

当社で発売させていただいてる、アルトワークス用のフェンダーエクステンション。車検対応の片側9mm(指定部品扱い)、装着は両面テープで簡単で、塗装不要のシボタイプ、フィッティング最高の真空整形。商品が到着したその日、手馴れたヒトなら30分足らずで装着できるこのフェンダーのコンセプトで、軽のジムニー用は絶対につくりたい!と確信しました。

HA36V/HA36S アルト/ワークス/RS用 オーバーフェンダー(=エクステンション)

理由は、アルトと同じプレスフェンダーになっているから。このスタイルが好きな人もいるでしょう。

ただ、中には私と同様、「フェンダーはへこませているより、膨らんでいて欲しい!」と思うヒトがいるはずだからです。また、メリットとして、ホイルサイズのチョイスも増えます。

7月末に納車されると過程し、盆明けからのマスター制作と考えると、試作品を披露させていただけるのは、10月。量産は12月になるでしょうけれど、そこをなんとか一ヶ月は縮めていただけるようお願いするつもりです。

純正バンパーなどと同じABS樹脂で、シボのざらざら感のある黒で、シエラのオバフェンをそのままの形で9mmワイドサイズに凝縮したガード形状のフェンダーを装着した姿を想像するだけで涎が… 

予算がゆるせば、ドア下のサイドステップも同じ材質で作りたい!というのもJB64のメーカー純正オプションでサイドステップでてますが、高い!

サイドステップだけで¥45,000くらいするのか… じゃ、フェンダーとサイドステップのセットで、純正同等の質感で作って、フルキット¥45,000くらいならどうでしょ? がんばってみるか!樹脂なので、ハードな泥道で石があたっても強いし、FRPなら小石が当たって塗装がはげていくと、下地の白がでてきますが、樹脂なのでどこまで削れても同じ色!タフなので、ジムニーとの相性は最高!だけども、片側9mm守って車検対応(にやり)

それに、JB23用で完成させた純正バンパー用アンダーカバー、これもすぐに開発せねば!

JB23 純正バンパー用アンダーガード(スキッドガード)

完成されたデザインなので、ごっそり外装変えたいヒトはともかく、チョイタシ感覚でちょっと雰囲気を出したいっていう希望に応えたいですもんね。純正の良いところを引き出すチョイタシパーツをガード以外にも色々作ります。

ハードパーツも準備中!

ある純正部品供給にかかわっているところからの情報だと、足廻りはほぼJB23と同じ。ただし、ラダーフレームが強化されたことで、ボディ剛性があがり、それが良くも悪くも走行に影響するだろうとのこと。

まず、パワーが上がっているでしょうから、ブレーキは重要! もちろん、当社はすでにJB23用のビッグローターキットが完成済み!

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/brake/br_jimny

恐らく、これはほぼ、そのまま使える可能性が高い!これを装着していただいたお客様から、「びっくりした」という評価をいただいております。もともと古いブレーキ構造で、特にキャリパーサポートが片押しタイプのため、パッドがしっかり両方から押されていないんです。だから、ホイルサイズを上げたりすると、かなり制動力不足になるのです。なので、せっかく高級なブレーキパッドを入れても、構造上片押しなので、その性能が発揮されにくいのです。これがあれば、純正パッドですら制動力アップが体感できます。

そして、定番のラテラルロッド。もちろんピロにも変更でき、なおかつ通常品よりも太いタイプ。上げはもちろん、下げにも対応!

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/footwork/footwork_lateral

そして足廻りですね!

実は、現在JB23用で開発中なのは、ローダウン用。しかも直巻スプリングと全長調整ショックにより、自由にセッティングできるものを準備中です。

これを目撃した3UPさんも、「ヤベーな、うちもジムニー買っちゃおうかな」と、ジムニーでのローダウンドリフト仕様を描いているようデス。直巻きスプリングを乗せるアダプターの試作は完成しているので、あとはテストです。テストは、JAWS山本さんが請け負ってくださる予定!リフトアップもコイルスプリングではなく、足廻りが適度に硬くなり、オンロードでは快適になるとハスラーで好評だったスペーサー式で対応します。

 

新型ジムニーは、JB23まで大人気だったリフトアップスタイルはもちろんのこと、ローダウン仕様、快適オシャレ仕様、快速韋駄天仕様、そしてドリフト仕様など、さまざまなバリエーションが全国のショップから提案される可能性が高いといわれています。

こんなにいいクルマをリフトアップだけにとどめておくのは惜しいんです。いわゆる若者に手が届く名スポーツカーは長らく製造されておらず、年々、高額なスポーツカーばかりが発売されています。入門車であったシルビア、スカイライン、シビック、チェイサーなどは、海外の日本車ブームのために流出してしまい、希少車になってしまったのです。

お手軽で、かっこよく、パーツも豊富で、タマ数も多い。パワーアップしやすいターボエンジンで、マニュアル設定もある、FRベースのジムニーって、JB23も含めて、まさに乗って走って愉しめるクルマなのです。その遊べる幅を増やすための商品開発を、数年前から進めてきました。「ローダウンジムニー? 売れねえよ。ジムニー下げてどうするんだ!?」なんてこともいわれたこともありましたが、最近になって、開発状況の問い合わせが増えてきました。素直に嬉しいことです。

「FRじゃなければ、クルマじゃない」

「このクルマにそんな部品つけるのは、間違い」

なんてことを過去、言われた記憶があります。日本人というのは「定番」好き。私が中学生だった30年ほど前は、ヤンキーや校内暴力が多かった時代。短ラン、長ランなどの改造学生服が流行っていました。もてないクンの私は、そもそもオシャレにも服にも興味がなく、普通の制服を着ていたら、学校でとんでもなく目立っていました。私以外が全員、改造制服だったんです(笑)

日本人というのは、みんなが不良なら「オレも不良しなきゃ!」って思うことが多い。それは不良という名のファッション。本末転倒。あれから30年経った今も、「オレはオレ」っていいにくい重苦しさを日本にいると時々感じます。雑誌やネット情報を見て、定番を見て、それをまねて安心し、定番からはずれたヒトやモノはイロモノ扱い。

クルマのカスタムだって自由であってほしいと思うんです。その自由になるためのいろんなバリエーションのパーツを提供することも当社の役割のひとつだと思っています。だから、ジムニーのリフトアップもローダウンもどちらも開発着手しています。

地震災害もありますし、何がおきるかわりませんが、当社は雨が降ろうと槍が降ろうと、「より速く、より安全に」そして「より楽しく」なるための商品開発、ドンドン進めていきます~!


こちらも是非

ジムニーJB23 ビッグローターキット キャンペーン中 & インプレッション by JAW山本!

4件のコメント

  1. 新型ジムニー用フェンダーエクステンションを早い時期に量産・発売して頂くことを期待しています。
    因みに、本日新型ジムニーを先行予約しました。
    納車と本製品の発売のどちらが早くなるか分りませんが、是非取り付けしたいと考えています。

    1. 重井さま
      ありがとうございます!
      新型、もう予約されたんですね!
      フェンダーエクステンションは、真空整形工場さまとは打ち合わせ済み。クルマ待ち状態です。
      最初に作るのは、車検対応の片側9mmで、形状だけ現在悩んでいるところです。
      丸みを帯びた定番形状にするのか、シエラの小ぶりタイプにするのか… 今週、専門家さんに相談予定です。
      ご興味をもっていただきありがとうございます!

  2. ジムニー乗ってます。新商品情報を楽しみにしています。
    特に開発情報のあったノーマルバンパー用のスキッドガード!
    探しまくっていたものです。是非、購入したいです。

    1. 鶴谷さま

      ありがとうございます!
      ええッつ!? ノーマルバンパー用のガードに興味もっていただけたんですカ!?
      超嬉しいです!!!!! あれ、企画しておきながら自信がなかったヤツなんです(笑)
      ちょいと勇気をいただきました。

      商品は、今月、最終撮影をして、来月から発売予定です!
      面倒臭いコメント欄への投稿、本当にありがとうございました!

コメントの受付は終了しました。