JB64ジムニー用 リフトアップキット1.5インチ 純正スプリングを使うんです~!!

リフトアップキットの簡単な動画をアップしました。この商品の参考にどうぞ。

JB64ジムニー リフトアップキット 実走動画あり


昨日、当社の業務より正式発表されました、新型ジムニーJB64用リフトアップキット!

http://silkroad-jp.com/portfolio-2/suspension/project-liftup

ステージ1 リフトアップスペーサーです。純正スプリングの上側に入れるだけ。リフトアップスプリングにはできない、前後バランスの調整が可能。また、ショック、サス共に純正なので、乗り心地もノーマルに準じます。

定価¥38,000(税別)。おすすめは20~25mmアップ程度。マックスの40mm上げでも車検は通りますが、純正ショックアブソーバーのストロークが走行環境によっては不足しますので、その場合は対応する長いショックが必要になります。当社では、純正ショックを延長するアダプターも開発中です。

これは現在発売中のハスラー用です。JB64用は形状が変わります。

試作品は完成済みで、来週、テスト車両が入庫次第、テスト開始。JB23までと同じ手法で35mm程度の延長アダプターを作ることは困難なうえ、ゴムブッシュの動く方向がおかしくなって、ブッシュの寿命が減ったり、ショックのネジ頭が曲がったり、破損する可能性も考慮し、特殊形状で制作しております。

現在意匠登録準備段階なので、まだお見せできませんが、約35mm程度延長可能となっています。なかなかやっかいな形だったとのことです。ブレーキホースも現在キノクニエンタープライズさんで特注品を打ち合わせ中です。

ステージ2 リフトアップスペーサー+KYBショックキット。

定価¥110,000(税別)。過去ジムニーを乗ってきた人なら、「凄く乗りやすくなった」JB64。でも、一般乗用車から初めて乗り換えると「えっ…」となる可能性があります。ジムニーは悪路の走破性を高めることに特化し、一般的なクルマよりも、ショックが柔らかく、ストロークが長く、路面の凹凸を柔軟に捉えるように設計されている一方、高速走行でのコーナリングは当然苦手。毎日の通勤や日常使用で不満があるようであれば、このショックアブソーバーがお役に立ちます。

ステージ3 上記キットにラテラルロッド一台分を組み込みました。

定価¥138,000(税別)。ラテラルロッドは構造上、車高の上げ下げどちらにも必須アイテム。この価格はネットで見ると高額な部類に入るかもしれませんが、当社は過去AE86などのレース用のラテラルロッドも製作した実績上、強度には最新の注意を払っています。そして、すべてがオールジャパンのフルキットなので、安心してご使用いただけます。

 

装着テストをさせていただいたのはカワイ制作所のデモカー。すでにカワイ制作所では補強パーツ、牽引フック、シートレール、レカロ用車検対応シートレール、レール用ハーネスキットがラインナップ済み。

http://www.kawaiworks.com/

カワイ相談役の奥様がお買い物に利用されることを考慮して、20mm程度のアップ。

純正スプリングをそのまま活かす手法で当社はリフトアップキットを各車種用作っており、好評をいただいております。ジムニーのリフトアップの定番は長いアップスプリング。それは、競技や悪路の走破性向上のための最適な手法です。けれど、日常ユースでは乗りづらい。普段乗りとしてのジムニーの快適性においては、この手法に勝るものはありません。だって、スズキが莫大なお金をかけて開発したスプリングをそのまま使うのですから。

JB64はボディ形状のおかげで、最初から十分車高があがっているように見えますが、たった20mm程度あげても随分印象が変わります。

 

「予想以上に良かった!14段全部試したが、フロント7段目、リア6段目がオレにはベストやな。ノーマルよりスポーティやけど、乗り心地はものすごくイイ。不快な音や感触がない」

クルマ好きの川居相談役は、競技以外にも、国産車、外車ともに多数乗ってきた経験もあり、当然ジムニーも乗り継いで着ています。

非常に気に入ってくださったようです。

「毎日乗りたくなる脚で、家から会社の移動が楽しくなったよ。これはイイ!」

ハードなトライアルレースに出場する、ヒルクライムに挑戦する、といった用途であれば、ジムニー専門店様が各種用意されているリフトアップサスや、サスペンションキットを選択すべきです。大切なことは、どの走行シーンに重きを置くかということになります。

ドリフト車両にはドリフト専用サスペンションを入れるのと同じ。

目的に応じたサスペンションの選択が重要。車高が低ければ凄いとか、有名ブランドの高額なものが良いとか、「〇〇がNo1」といったレッテルは強烈なインパクトがあり、わかりやすく、アピールしやすい。でも、私は他人の意見やメディア、流行などに振り回されたパーツ選択ほど不幸なものは無いと思っています。

JB23ジムニーのサスペンションキットを調べると、本気のオフロード仕様が人気で、上げ幅も3インチ、4インチと、100mm前後のアップが常識。どれもオフロードでの走破性は素晴らしいことは間違いないでしょう。また、リフトアップでものすごく車高の上がったジムニーやクロカンというのは、スタイルも超カッコいい!そして、競技用であっても、乗り心地や日常性を極力守れるものも中にはあるでしょう。

ただ、ジムニーユーザーの中にはきっと、「車高をそこまで上げなくてもいいんだけど…」「街乗りで快適になるものが欲しいんだけど…」といった方もおられると思うのです。ノーマルジムニーの尖ったオフロード性能のほんの少し削るだけで、一般道の快適性が向上するこの1.5インチアップキットは、そんな方を意識してのものです。

さらには、車高をあげるだけでなく、下げるものもあってもいい。お客様の選択肢を増やすことで、定番スタイルだけでなく、十人十色の自由なカスタムやレースを楽しめるようになって欲しいという想いを抱きながら、今回のキットを開発いたしました。

昔、FF車に乗ったら、「FRじゃなきゃスポーツカージャ無い」って言われたことがあるんです。なぜ、自分のお金で、自分の時間で楽しむはずのカーライフまで、学生が校則に縛られるように、イチイチ指導されなきゃいけないんでしょう。バカバカしい。

ちょっと愚痴がすぎました(笑)。楽しくいきましょ!それが一番!シルクロードは「より速く、より安全に」+より楽しく!

 

 

 

XBEE リフトアップキット 1.5inch 完成&試乗! (MN71S 2WD)

当社は、ハスラー、ハイゼット、キャリー、エブリー、クロスビーといったクルマのリフトアップを、基本このスペーサー式で開発してきました。メリットはやはり純正の部品を流用することにあります。音鳴り、ゴツゴツ感などの不快な要素をできるだけ抑えるには純正流用が一番だからです。

ただし、当初、純正スプリングを圧縮し、ボディ位置が変わってしまうこの手法には、開発陣からは不満の声もありました。理論的には決して良く無い方法だと言うのです。なので、実際に開発した車両を、クルマの構造や部品に詳しく無い、素人に近い私がユーザー視線で何度もテスト車両に乗ってみたところ…

「むしろノーマルより乗り心地がよくなっている!フワフワでコーナーで踏ん張れず、おっとっとっと、となる部分がかなり消されていて、基本はノーマルの乗り心地なのに、程よいスポーティーな固さとコーナリング性能の向上をしている!」

そうブログに書いたところ、ジムニーの老舗、実際にご自身で足廻りを開発されているIMPS様からもご指摘をいただきました。

4×4 IMPS ジムニー専門店 温故知新じゃ生ぬるい! 最先端を行く老舗!

当社の開発担当者と同じく、

「ありえない、その手法で乗り心地が改善というのは。デメリットのほうが多いはず」

クルマの構造を理解していない私は、それでもウソではなく、本当に乗り心地がよくなったと伝えました。本当に素晴らしい柔軟な社長で、純正スプリングは上下まっすぐの動きではなく、バナナのように湾曲にたわみながら動くので、スペーサーをいれて圧縮することで、バネが直巻きスプリングに近い、上下運動に変わることで、スポーティーさを体感するのだろう、と教えてくださりました。私もその説明で、自分が体感できたことを説明できるようになり、感謝です。いや、本物のプロって凄いわ。「小学生でもわかる説明ができるヒトが本物」という言葉を聞いたことがありますが、まさにそれ。

さて、これで終りジャ無いですよ。当社は、ローダウン、ドリフト車高調も開発中なんです!

JAWS山本さんにて装着テスト中のジムニー用全長調整式車高調!今回、JAWS山本のドリフト大会にて、2度目のテストを兼ねた挑戦がありました。

いい動きでした!ジムニーもドリフトちゃんとできるんです!当社の作った試作品を、JAWSさんで装着してもらったのですが、ちょうどJAWSさんが新店舗引っ越しで、セッティング調整できなかったので、急遽、三上さんに調整してもらったところ、さらにパワーアップ!

そして、それを見た三上さんもウズウズを抑えきれず、とうとう練習走行にクルマをお借りして参加。いい動きしています!ただ、JAWS山本さんも3UP三上さんも、リアショックの減衰の変更を希望しているあたり、さすが両社ともにその道のプロって感じです。それにしても、見ていてとても楽しい!車高が低いジムニーがカッコイイのもありますし、大きいので迫力あるんです。

当社は、ジムニーに関わりだしたのがこの5年程度ですが、サスペンション、足廻りについてはラリーダートラ時代の44年前の創業期から続けてきており、そのノウハウはジムニーでも十分通用すると自負しています。そして、最前線で戦うショップ様から色んな情報やデータ、アイデアをいただきながら、新型ジムニーにも、いろんな形のサスペンションパーツを提供させていただきます。

 


コチラもぜひ!

JB64ジムニー ABSフェンダーキット 納期状況!